「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

体操段違い平行棒の歴代名選手を4人紹介!

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by muratart/Shutterstock.com

体操競技の中でも女子のみで争われる段違い平行棒は、男子の鉄棒に比べかなり複雑な動きをする。2本の鉄棒の間を行き来する動きはたいへん美しいもの。選手たちは技の難度はもちろんのこと、演技の優雅さも競っている。そんな段違い平行棒の名選手を紹介する。

段違い平行棒とは?

段違い平行棒は、女子のみで行われる体操種目の一つだ。高さの違う2本の鉄棒を平行に並べ棒上で演技を行う。男子が行う鉄棒競技と同じく、離れ技や車輪などの技があるが、段違い平行棒独自の技として、2本の鉄棒間を行き来する移動技がある。
女子が行う種目の中でもダイナミックな技が多く、注目を集めることが多い競技だが、その他にも女子ならではの技の美しさや芸術性を競う点も、段違い平行棒の重要な要素となっている。

段違い平行棒の歴代名選手(1)ナディア・コマネチ

ナディア・コマネチは、1961年生まれのルーマニアの体操選手だ。1976年のモントリールオリンピックの段違い平行棒では10点満点で金メダルを獲得するなどの活躍を見せた。コマネチは女子体操界の歴代の名選手たちと比べても、最も強い選手として挙げられることが多い選手の1人だ。
コマネチは、その可憐さから「白い妖精」という愛称がつくほどに、世界中で人気を集めた。また、彼女が初めて成功させた「コマネチ」という技は、日本でも話題となった。

おすすめの記事