「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

体操平均台における歴代名選手を4人紹介!

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sportpoint/Shutterstock.com

平均台は、女子のみで行われる体操種目だ。女子ならではの優雅な演技が多く、技の美しさが採点の際には重要になる。他にも、技の難度や安定性なども採点に関係してくる。平均台種目の歴代名選手を4人紹介する。

体操平均台とは?

平均台は、女子による体操競技の4種目(段違い平行棒、跳馬、床、平均台)の内の一つだ。長さは5m、幅は10cmの台の上で演技を行う。演技時間は90秒以内と決められており、超えると減点の対象になる。
台の上で行われる演技には、歩行や跳躍を基本とて、ターン、バランス運動、またアクロバットな宙返りなどがある。技の難度も重要だが、跳馬や段違い平行棒などと比べた場合に、より動きの美しさや優雅さが求められる競技でもある。

体操平均台の歴代名選手:トウ琳琳(とうりんりん)

トウ琳琳(とうりんりん)は1992年生まれの中国の体操選手だ。平均台を得意種目としており、2009年にロンドンで行われた世界体操競技選手権では、平均台で金メダルを獲得している。また、2012年のロンドンオリンピックでは平均台で金メダル、その前の北京オリンピックでは団体総合の金メダル取得に貢献している。ワールドカップでは、2008年のマドリード、またモスクワでの平均台の金メダリストだ。
身長140cmと小柄な体格を活かして、平均台の上で華麗な演技を見せてくれる選手だ。

おすすめの記事