「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本フィギュア界の歴史!全日本選手権歴代優勝者

2017 10/13 10:05hiiragi
figure skating japan
このエントリーをはてなブックマークに追加

全日本選手権9回優勝、3回転ジャンプ伊藤みどり選手

伊藤みどり選手は1980年3月、小学校4年生で全日本ジュニア選手権に優勝すると、その年の全日本選手権では3位に入賞して、天才少女と注目を集めた。その後1984年第53回全日本選手権で初優勝を飾り以降8連覇を達成と、計9回の優勝に輝き一時代を築いた。

その間1988年にはカナダのカルガリーオリンピックで5位入賞を果たすと、1992年のフランスのアルベールビルオリンピックでは銀メダルに輝き、冬季オリンピック女子史上2人目のメダル獲得となった。また1989年のパリで行われた世界選手権では、日本人で初めてとなる世界チャンピオンの座を射止めた。

類まれなジャンプ力を持ち、3回転ジャンプに挑戦して女子では世界初の3回転アクセルを成功させている。

トリノオリンピック金メダル、イナバウアー荒川静香選手

荒川静香選手は1996年第65回全日本選手権に初出場で2位に入賞すると、翌66回大会から2連覇を果たした。

この時優勝を争ったのが村主章枝選手で2人のライバル対決は2006年まで続き、1位2位フィニッシュは5回を数える。1998年の長野オリンピック以来の出場となった2006年のトリノオリンピックでは、SPで3位に着けるとフリーでは自己最高点で1位となり金メダルを獲得した。

この時使った技の一つイナバウアーは上体を後ろに反らせる特徴的な演技だったため、モノマネが大流行して、2006年の流行語大賞を受賞した。

おすすめの記事