「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本でフェンシングが強い大学ってどこ?気になる5つの強豪校

2017 5/1 10:13イシカワヒロキ
フェンシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by YAKOBCHUK VIACHESLAV/Shutterstock.com

大学にフェンシング部がある学校は限定されますが、その中の強豪校と呼ばれる大学には国内の大会だけではなく世界大会にも出場する選手が集まっています。今回は、フェンシングで強い大学5つをご紹介します。

同志社大学は、多くの有名選手を輩出したフェンシングの強い大学

なんといっても同志社大学のOBには、2012年のロンドンオリンピックで銀メダルを獲得した太田雄貴(おおたゆうき)氏がいます。また、同志社大学の名誉教授であり、1960年ローマ、1964年東京オリンピックに出場した田淵和彦(たぶちかずひこ)氏がいます。
現役選手も勢いがあり、2015年関西学生フェンシング選手権大会では、同志社大学の西村拓也(にしむらたくや)選手と堀茜音(ほりあかね)選手が個人優勝を果たおり、疑う余地なくフェンシングの名門校です。

エペ団体11年ぶりの優勝、フェンシングで注目の中央大学

2008年の北京オリンピックに出場した千田健太(ちだけんた)選手は、中央大学フェンシング部のOBです。また2016年では、全日本学生フェンシング選手権大会の男子エペ団体戦で11年ぶりの優勝を果たしました(エペとはフェンシング種目の1つであり、突きが全身のいずれかに750g以上当たれば有効となる)。
中央大学フェンシング部は、リーグ戦やインカレにも積極的に参加しており、これからますます活躍が期待されている大学です。

おすすめの記事