「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球における背番号47の名選手たち

2017 12/26 15:07mono
ベースボールプレイヤー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年現役選手の背番号「47」

2017年各球団の背番号「47」は下記の選手が背負っていた。


  • 日本ハム:田中豊樹選手(投手)
  • ソフトバンク:髙橋純平選手(投手)
  • ロッテ:田中靖洋選手(投手)
  • 西武:シュリッター選手(投手)
  • 楽天:大塚尚仁選手(投手)
  • オリックス:海田智行選手(投手)
  • 広島:小野淳平選手(投手)
  • 巨人:山口鉄也選手(投手)
  • DeNA:砂田毅樹選手(投手)
  • 阪神:山本翔也選手(投手)
  • ヤクルト:高橋奎二選手(投手)
  • 中日:笠原祥太郎選手(投手)


不在:0球団
永久欠番:0球団
投手:12球団
捕手:0球団
内野手:0球団
外野手:0球団


2017年は全12球団で背番号「47」を投手が着用している。比較的大きい番号ではあるが、有力選手または期待の新人がつけることが多い。
福岡ソフトバンクホークスの高橋純平選手(2015年1位)、東京ヤクルトスワローズの高橋奎二選手(2015年3位)らが期待の若手枠といったところだろう。

26年間にわたり背番号「47」を背負った工藤公康選手

2017年シーズン福岡ソフトバンクホークスを率いて日本一に輝いた工藤公康監督。現役時代は、福岡ダイエーホークス(現ソフトバンク)に移籍した際の1995年、1996年(背番号21)そして埼玉西武ライオンズへ再び戻った2010年(背番号55)を除き背番号「47」を着用した。

1986年に11勝(5敗)をマークすると、引退する2010年までに通算13度の2桁勝利を記録。224勝142敗の成績を残し名球会入りも果たしている。この工藤選手の長期間による活躍があり背番号「47」は左腕のイメージが定着したと言えるだろう。

西武、ダイエー、読売ジャイアンツ、横浜ベイスターズ、西武と4度の移籍をした工藤選手は29年間にわたって現役生活を送っているが、これはプロ野球タイ記錄でもある。その後、解説者などを経て2015年からコーチの経験なしでソフトバンクの監督に就任。1年目で日本一を達成し、翌2016年は2位、2017年は再び日本一と結果を残している。名監督として球史に名を刻むこととなった。

おすすめの記事