「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球における背番号44の名選手たち

2017 12/28 12:24cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年現役選手の背番号「44」

2017年各球団の背番号「44」は下記の選手が背負っていた。

日本ハム:森山恵佑選手(外野手)
ソフトバンク:バンデンハーク選手(投手)
ロッテ:井上晴哉選手(内野手)
西武:外崎修汰選手(内野手)
楽天:足立祐一選手(捕手)
オリックス:園部聡選手(内野手)
広島:松山竜平選手(外野手)
巨人:カミネロ選手(投手)
DeNA:佐野恵太選手(内野手)
阪神:梅野隆太郎選手(捕手)
ヤクルト:岩橋慶侍選手(投手)
中日:バルデス選手(投手)

不在:0球団
永久欠番:0球団
投手:4球団
捕手:2球団
内野手:4球団
外野手:2球団

背番号「44」は投手、野手ともに使用される番号で外国人選手の着用も多い。過去にはランディ・バース選手(元・阪神)、ブーマー・ウェルズ選手(元・阪急他)、タイロン・ウッズ選手(元・横浜他)といった長距離砲が着用していた。

2017年もリック・バンデンハーク選手(ソフトバンク)、アルキメデス・カミネロ選手(巨人)、ラウル・バルデス選手(中日)と3球団で外国人選手が「44」を背負っている。

日本人選手でも森山恵佑選手(日本ハム)、井上晴哉選手(ロッテ)、松山竜平選手(広島)、佐野恵太選手(DeNA)、梅野隆太郎選手(阪神)といった長打の期待される選手が多く使用していることも見逃せない。

「不惑の大砲」こと門田博光選手

外国人選手の着用が多い背番号「44」だ。日本人選手でも大きな実績を残した選手はいる。プロ野球史上歴代第3位となる567本塁打、1678打点を誇る門田博光選手だ。
門田選手は1969年ドラフト2位でクラレ岡山から南海ホークスへ入団。2年目には打率.300(506打数152安打)、31本塁打、120打点の成績を残し打点王のタイトルを獲得した。
以降も順調にキャリアを積むが、1979年の春季キャンプ中にアキレス腱を断裂。終盤戦までリハビリに費やしわずか19試合の出場に終わっている。

1980年からは心機一転、背番号を「44」に変更すると41本塁打をマーク。翌1981年には44本塁打で自身初の本塁打王に輝いた。「44」を背負ったのは1980年から1982年までの3年間だけであったが、十分な成績を残している。
また、背番号を「44」に変更したのは44本塁打を目指すことからつけられたものでもあった。44本塁打を達成したことから門田選手は1983年に背番号を「60」へと変更。これは60本塁打を目指す意思表示でもあった。

以降も1983年、1988年と本塁打王を獲得。その後、オリックス・ブルーウェーブに移籍。再び南?の後継球団である福岡ダイエーホークス(現・ソフトバンクホークス)とチームを渡り歩き1992年に23年間の現役生活にピリオドを打った。

40歳を超えても尚、活躍をしたことから「不惑の大砲」と呼ばれていたことでも知られている。現役引退後にプロ野球チームの指導者にはなっていない。

おすすめの記事