「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球で背番号9を背負った名選手たち

2017 9/13 14:03cut
野球,ベンチ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年現役選手の背番号「9」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表を率いた小久保裕紀監督。同監督が現役時代に背負っていたのが背番号「9」だった。また、ヤクルトスワローズなどで活躍したロベルト・ペタジーニ選手も同番号だ。このように強打者が背負うことの多い背番号「9」だが、2017年シーズンはどのような選手が背負っているのだろうか。

日本ハム:中島卓也選手(内野手)
ソフトバンク:柳田悠岐選手(外野手)
ロッテ:福浦和也選手(内野手)
西武:大崎雄太朗選手(外野手)
楽天:オコエ瑠偉選手(外野手)
オリックス:ステフェン・ロメロ選手(外野手)
広島:丸佳浩選手(外野手)
巨人:亀井義行選手(外野手)
DeNA:欠番
阪神:高山俊選手(外野手)
ヤクルト:飯原誉士選手(外野手)
中日:石川駿選手(内野手)

不在:1球団
永久欠番:0球団
投手:0球団
捕手:0球団
内野手:3球団
外野手:8球団

12球団中8球団が外野手と外野手の番号となっている背番号「9」。福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手、広島東洋カープの丸佳浩選手と球界を代表する選手がつけていることもあり、今後もこの流れは続きそうだ。

千葉ロッテマリーンズは2000本安打を目指す福浦和也選手が着用中。すでに年齢もベテランということで次代への継承に注目が集まる。

横浜DeNAベイスターズは開幕当初に黒羽根利規選手が着用していたが、シーズン中のトレードにより空き番号となった。

侍ジャパン監督も務めた小久保裕紀選手

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表を率いた小久保裕紀監督。日本代表監督としての背番号は「90」だったが、現役時代に多くを過ごした福岡ソフトバンクホークス(福岡ダイエーホークス含む)での背番号は「9」だ。

1993年ドラフトで逆指名により福岡ダイエーホークスへと入団した小久保選手。バルセロナ・オリンピックにおいて大学生から唯一の代表入りを果たしており、長距離砲として大きな期待が掛けられていた。その期待の大きさを表しているのが、入団1年目から与えられた一桁の背番号「9」だ。

小久保選手はダイエーで期待通りに活躍し、1995年には本塁打王、1997年には打点王を獲得するなどの活躍を見せる。しかし、2003年オフに球団との軋轢から巨人へと無償トレードされてしまう。このトレードは球界やファンを騒然とさせた。

移籍先の巨人では背番号「6」となった。これは主力の清水隆行選手が、背番号「9」つけていたことからだ。だが、巨人でも球団史上初となる右打者による40本塁打以上を達成し、結果を残した。2007年から再びソフトバンクに戻り、背番号「9」をつけ2012年までプレーし、通算2041安打を放ち、名球会入りも果たしている。

小久保選手引退後の背番号「9」は、2年間の空白を経て現在は柳田悠岐選手へと受け継がれた。背番号「9」へと変更になったシーズンに柳田選手は、トリプルスリーを達成するなど大ブレイクしており、今後の活躍も期待される。

おすすめの記事