「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球で背番号9を背負った名選手たち

2017 9/13 14:03cut
テッド・ウィリアムズ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

2019年現役選手の背番号「9」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表を率いた小久保裕紀監督が現役時代に背負っていたのが背番号「9」だった。また、ヤクルトなどで活躍したロベルト・ペタジーニ選手も「9」だ。強打者が背負うことの多い背番号だが、2019年シーズンはどのような選手が背負っているのだろうか。

日本ハム:中島卓也選手(内野手)
ソフトバンク:柳田悠岐選手(外野手)
ロッテ:福浦和也選手(内野手)
西武:木村文紀選手(外野手)
楽天:オコエ瑠偉選手(外野手)
オリックス:ステフェン・ロメロ選手(外野手)
広島:―
巨人:亀井義行選手(外野手)
DeNA:大和選手(内野手)
阪神:高山俊選手(外野手)
ヤクルト:塩見泰隆選手(外野手)
中日:石川駿選手(内野手)

不在:1球団
永久欠番:0球団
投手:0球団
捕手:0球団
内野手:4球団
外野手:7球団

12球団中7球団が占める外野手の番号というイメージが強い背番号「9」。ソフトバンクの柳田悠岐選手、広島時代の丸佳浩選手ら球界を代表する選手が付けていることもあり、今後もこの流れは続きそうだ。 ロッテの生え抜きスター、福浦和也選手が着用しているが、大ベテランだけに次世代への継承にも注目が集まる。

侍ジャパン監督も務めた小久保裕紀選手

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表を率いた小久保裕紀監督。監督としての背番号は「90」だったが、現役時代に多くを過ごしたソフトバンク時代の背番号は「9」だった。

1993年ドラフトで逆指名によりダイエー入団。バルセロナ・オリンピックで大学生として唯一の代表入りを果たし、長距離砲として大きな期待が掛けられていた。それを端的に表していたのが「9」だ。

小久保選手は期待通りの活躍を見せ、1995年に本塁打王、1997年には打点王を獲得するな不動の主軸となった。しかし、2003年オフに球団との軋轢から巨人に無償トレードされ、球界やファンを騒然とさせた。

移籍先の巨人では背番号「6」を付けた。主力の清水隆行選手が背番号「9」を付けていたからだ。そして、巨人でも球団史上初となる右打者による40本塁打以上をマークするなど結果を残した。2007年から再びソフトバンクに戻り、背番号「9」を付けて2012年までプレー。通算2041安打を放ち、名球会入りも果たしている。

最後の4割打者・テッド・ウィリアムズ選手

メジャーリーグで伝説となっている選手の一人であるテッド・ウィリアムズ選手は、三冠王を2回獲得している大打者だ。日本では三冠王よりも最後の4割打者として聞くことが多いかも知れない。

ウィリアムズ選手は1939年にボストン・レッドソックスでメジャーリーグデビュー。145打点をマークして初年度から打点王を獲得した。3年目には打率.406(456打数185安打)、37本塁打、147打点の成績を残し首位打者、本塁打王を獲得。同時に史上最年少(23歳1カ月)で打率4割を記録した。これ以降、メジャーリーグで4割打者は誕生していないのだ。

1960年まで現役を続けたウィリアムズ選手は打率.344(7706打数2654安打)、521本塁打、1839打点の成績を残し1966年に殿堂入り。現役時代に背負っていた背番号「9」はレッドソックスの永久欠番となっている。

ヤクルトの主砲ロベルト・ペタジーニ選手

1990年代以降に多くの外国人選手が活躍してきたヤクルト。その内の一人が1999年に入団したロベルト・ペタジーニ選手だ。背番号は助っ人外国人のミューレン選手、アンソニー選手に続いて「9」となった。

来日1年目から実力を発揮し、打率.325(452打数147安打)、44本塁打、112打点の成績を残し、本塁打王を獲得。ヤクルトでは2002年までプレーし、松井秀喜選手(巨人)と熾烈なタイトル争いを繰り広げた。2003年からはメジャー挑戦した松井選手に代わる主砲として巨人へ移籍。2004年まで変わらぬ活躍を見せ、再びメジャーリーグに復帰した。2010年にソフトバンクへ戻ってきたが、往年の力はなく1年限りで退団となっている。

ペタジーニ選手は25歳年上の妻・オルガ夫人と「おしどり夫婦」としても話題になるなど、グラウンド外でも注目を浴びた。

背番号「9」の象徴になることを期待したい選手たち

2019年シーズンに背番号「9」を背負っている選手で球界を代表する選手がいる。小久保選手引退後に背番号「9」を受け継いだソフトバンク・柳田悠岐選手だ。

2015年に打率.363、34本塁打、32盗塁でトリプルスリーを達成。その後もハイレベルな成績を残し、2018年には打率.352、36本塁打、102打点、21盗塁とトリプルスリーこそ逃したものの、持ち前のフルスイングで文句のない成績を収めた。

また、FA移籍した巨人では「8」を背負っているが、広島時代は「9」を付けた丸佳浩選手も球界を代表するプレーヤー。2018年は打率.306、39本塁打、97打点をマークし、リーグ3連覇に貢献した。背番号「9」は「三拍子揃った外野手」のイメージがますます強まるかも知れない。

さらに関東一高時代に甲子園を沸かせた楽天・オコエ瑠偉選手や2015年ドラフトで阪神に1位指名された高山俊選手ら楽しみな若手もいる。柳田選手らに負けないスピード、パワーを兼ね備えた選手として今後の成長が楽しみだ。

日本ではまだ永久欠番になっていない背番号「9」。初めての栄誉にあずかる選手は出てくるだろうか。

おすすめの記事