「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

誰がいる?プロ野球における背番号1の名選手たち

2017 9/13 14:03cut
野球,バッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年現役選手の背番号「1」

背番号「1」を背負った歴代のスタープレーヤーを紹介する前に現在の背番号「1」を確認したい。

2017年各球団の背番号「1」は下記の選手が背負っている。

日本ハム:斎藤佑樹選手(投手)
ソフトバンク:内川聖一選手(外野手)
ロッテ:清田育宏選手(外野手)
西武:栗山巧選手(外野手)
楽天:松井裕樹選手(投手)
オリックス:中島宏之選手(内野手)
広島:ー
巨人:永久欠番(王貞治選手)
DeNA:熊原健人選手(投手)
阪神:鳥谷敬選手(内野手)
ヤクルト:山田哲人選手(内野手)
中日:友永翔太選手(外野手)
不在:1球団
永久欠番:1球団
投手:3球団
捕手:0球団
内野手:3球団
外野手:4球団

永久欠番は王貞治選手ただ1人。現役選手では投手、内野手、外野手がまんべんなく着用していることがわかる。1ケタの背番号を投手が背負うことは少なかったが、今シーズンは3選手が着用。新たなトレンドとなるかもしれない。

また、多くの野手がレギュラー級となっており、格のある番号とも言えそうだ。入団時にこの番号をもらうことで球団から、期待されているとも言えるだろう。

「世界の王」こと王貞治選手

日本のプロ野球で背番号「1」といえば、読売ジャイアンツ一筋で活躍した王貞治選手だろう。早稲田実業学校から1959年に巨人へと入団。王(おう)を中国語読みにすると「ワン」と読むことから、背番号は「1」になったとも言われている。開幕戦からスタメンで起用されるも26打席連続ノーヒットと結果がでなかった王選手。27打席目で生まれた初ヒットが本塁打となった。しかし、1年目はこれといった成績を残すこともなく、打率.161、7本塁打に終わっている。

王選手が開花したのは4年目。一本足打法を荒川博コーチと生み出し、通算868本塁打まで積み重ねることになる。現役途中ではあったが1977年にその功績が認められ、国民栄誉賞を受賞。また、1989年には巨人史上6人目の永久欠番となっている。巨人では王選手以降の永久欠番は生まれていない。

1959年にプロ入りしてから監督を退任する1989年までの30年間にわたり、王選手は背番号「1」を着用。これは山本昌選手(1984年-2015年)が作った32年間の連続着用記録に次ぐ歴代2位。

王選手は巨人の監督を退任後に1995年から福岡ダイエーホークス(現ソフトバンク)の監督に就任しているが、この際は背番号「1」ではなく背番号「89」を着用している。

おすすめの記事