「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球における背番号3の名選手たち

2017 9/13 14:03cut
アテネ背番号3,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

2019年現役選手の背番号「3」

内野の主力選手がつけることの多い背番号「3」。2019年各球団の背番号「3」は下記の選手が背負っている。

日本ハム:田中賢介選手(内野手)
ソフトバンク:不在
ロッテ:角中勝也選手(外野手)
西武:不在
楽天:浅村栄斗選手(内野手)
オリックス:安達了一選手(内野手)
広島:永久欠番(衣笠祥雄選手)
巨人:永久欠番(長嶋茂雄選手)
DeNA:梶谷隆幸選手(外野手)
阪神:大山悠輔選手(内野手)
ヤクルト:西浦直亨選手(内野手)
中日:高橋周平選手(内野手)

不在:2球団
永久欠番:2球団
投手:0球団
捕手:0球団
内野手:6球団
外野手:2球団

「ミスタープロ野球」と呼ばれた長嶋茂雄選手が付けていた番号だけに今でも影響は大きい。2016年ドラフト1位で阪神に入団した大山悠輔選手は背番号「3」を与えられ、「虎のミスターになれ」と発破を掛けられたほどだ。ライバル球団でさえも意識するほどの番号なのである。

誰でも付けられる番号ではないため、空き番が多いのも特徴と言えるかも知れない。松田宣浩選手が2017年からこの番号を着用していたものの2年で「5」に戻したソフトバンク、浅村栄斗選手が移籍した西武も空き番となっている。

国民的プロ野球選手だった長嶋茂雄選手

日本のプロ野球において最も有名な背番号「3」といえば間違いなく長嶋茂雄選手だろう。立教大学から巨人に入団しチームの柱として活躍。現役引退まで、常に第一線で体を張ってプレーしてきた。豪快なフルスイング、空振りした際にヘルメットが宙を舞う姿など、ガッツ溢れるプレーでファンを魅了した。

現役引退後に永久欠番となり、監督時代は「90」「33」で指揮を執っていた。しかし、1999年オフに広島からFAで獲得した江藤智選手に「33」を譲ると、背番号「3」に変更。春季キャンプで報道陣に披露する際もジャンパーを脱ぐタイミングを窺いながら多くの話題を振りまいた。2001年に監督退任後は永久欠番ということもあり、着用している選手はいない。

アテネオリンピックの日本代表監督に就任した際、JAPANのユニフォームではあるが背番号「3」を着用。任期中に脳梗塞となり中畑清監督へバトンタッチとすると、中畑監督は「33」を着用し、ベンチに「3」のユニフォームが掲げられた。

おすすめの記事