「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球における背番号5の名選手たち

2017 9/13 14:03cut
新庄剛志,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

2019年現役選手の背番号「5」

過去に背番号「5」を背負った名選手を巡る前に、2019年シーズン各球団の背番号「5」を確認すると下記の通りだった。

日本ハム:大田泰示選手(外野手)
ソフトバンク:松田宣浩選手(内野手)
ロッテ:安田尚憲選手(内野手)
西武:外崎修汰選手(内野手)
楽天:茂木栄五郎選手(内野手)
オリックス:西野真弘選手(内野手)
広島:長野久義選手(外野手)
巨人:中島宏之選手(内野手)
DeNA:倉本寿彦選手(内野手)
阪神:近本光司選手(外野手)
ヤクルト:川端慎吾選手(内野手)
中日:阿部寿樹選手(内野手)

不在:0球団
永久欠番:0球団
投手:0球団
捕手:0球団
内野手:9球団
外野手:3球団

12球団中9球団が内野手の背番号となっている。内野手の中でも川端慎吾選手(ヤクルト)のようなアベレージヒッターもいれば、大田泰示選手(日本ハム)のような長距離砲もおり一概にイメージ像は沸いてこない。

また、メジャーリーグでも背番号「5」の名選手が多く生まれている。

「記録より記憶に残る男」新庄剛志選手

2000年オフに阪神タイガースからメジャーリーグへ挑戦した新庄剛志選手も阪神入団時の背番号は「63」だったが、4年目の1993年から「5」に変更。この年初めて100試合以上に出場し、チームの中心選手へと成長した。

「記録より記憶に残る男」として知られている新庄選手は、1995年オフに突如「センスがない」と発言し引退を宣言した。周囲の説得もあり撤回したが、自由奔放な言動で注目を浴びた。また、1999年には敬遠球をサヨナラ安打するなどエピソードには事欠かない選手だった。

2000年オフにFA宣言し、ニューヨーク・メッツへ移籍。メッツとサンフランシスコ・ジャイアンツでプレーした2003年までの3年間、一貫して背番号「5」を与えられている。

2004年に北海道日本ハムファイターズへ移籍してからは背番号「1」。「札幌ドームを満員にする」「チームを日本一にする」といった印象的なセリフを残し、3年間プレーした後、最終年のシーズン早々にまたもや突然の引退宣言でファンを驚かせた。そして、宣言通りに日本一となり有終の美を飾っている。

常に話題を呼び、発言や行動に注目されていた新庄選手だが、阪神とメジャーリーグ時代の背番号「5」が印象的だ。

56試合連続安打を記録したジョー・ディマジオ選手

ニューヨーク・ヤンキースの永久欠番である背番号「5」を背負っていたのはジョー・ディマジオ選手だった。ディマジオ選手が1941年に記録した56試合連続安打は現在も破られていない。

1936年にヤンキースへ入団し、背番号「9」でメジャーリーガーとして歩み始めた。翌1937年に背番号を「5」に変更すると、打率.346(621打数215安打)、46本塁打、167打点の成績を残しチームの柱へと成長する。ベーブ・ルース選手が引退し、ルー・ゲーリッグ選手の衰えが見られる頃に開花したのだ。

13年間の現役生活で361本塁打を放つほどのパワーの持ち主でありながら三振は少なかった。ルース選手が5度のリーグ最多三振を記録しているが、ディマジオ選手は一度もない。56試合連続安打を記録した1941年は、622打席で13三振のみとミート率の高さがうかがえる。

首位打者2回、本塁打王2回、打点王2回のタイトルを獲得し、MVPも3度受賞。1951年の現役引退と同時に背番号「5」はヤンキースの永久欠番に制定された。

また、マリリン・モンローと結婚生活を送っていたことも有名で、1年経たずに離婚した後も「マリリンほどの女性はいない」という発言をしている。

史上最強捕手とも称されるジョニー・ベンチ選手

メジャーリーグ史上最強の捕手と称されることもあるジョニー・ベンチ選手。シンシナティ・レッズで1967年にメジャーデビューし、その後1983年まで中心選手としてプレーした。2年目となる1968年に新人王とゴールドグラブ賞を受賞し、1970年には本塁打王、打点王を獲得、MVPにも輝いている。1970年代のレッズは、その強力打線から「ビッグレッドマシン」と呼ばれ、1975年、1976年と2回のワールドシリーズ制覇を成し遂げた。チームで攻守にわたり存在感を発揮していたのが、ベンチ選手だった。

晩年は一塁手、三塁手など捕手以外のポジションにも多くついたベンチ選手だが、2193試合中1742試合は捕手としての出場。通算本塁打327本は捕手として当時のメジャーリーグ記録でもあった。(現在はマイク・ピアッツァ選手の396本塁打)

ベンチ選手の入団から引退に至るまでの背番号は、一貫して「5」だった。彼は移籍が多いメジャーリーグでは珍しく生涯一球団でプレーし、背番号の変更もなかった。

現役引退と同時にレッズの永久欠番に制定され、野球殿堂入りも果たしている。

殿堂入り確実なアルバート・プホルス選手

イチロー選手がシアトル・マリナーズでデビューした2001年、時を同じくしてセントルイス・カージナルスでデビューしたのがアルバート・プホルス選手だ。この年、161試合に出場し打率.329(590打数194安打)、37本塁打、130打点をマークしナショナルリーグ新人王を獲得。以降、10年連続で3割、30本塁打、100打点を記録しメジャーリーグを代表する打者となった。

プホルス選手は、背番号「5」をデビュー当時から着用しており、2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でドミニカ代表としてプレーした際も同様にも「5」を背負った。

2012年にロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した後も背番号「5」でプレーしており、デビュー以降同じ番号でプレーし続けている。

イチロー選手らとともに「殿堂入りが確実な選手」として取り上げられている。2球団にまたがっているため、背番号「5」がカージナルス、エンゼルスで永久欠番となるかはわからないが、球史に名を残す存在であることは間違いない。

おすすめの記事