「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球における背番号5の名選手たち

2017 9/13 14:03cut
野球,ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年現役選手の背番号「5」

過去に背番号「5」を背負った名選手を巡る前に、2017年シーズン各球団の背番号「5」を確認すると下記の通りだった。

日本ハム:レアード選手(内野手)
ソフトバンク:欠番
ロッテ:ダフィー選手(内野手)
西武:鬼崎裕司選手(内野手)
楽天:茂木栄五郎選手(内野手)
オリックス:西野真弘選手(内野手)
広島:ペーニャ選手(内野手)
巨人:ギャレット選手(外野手)
DeNA:倉本寿彦選手(内野手)
阪神:西岡剛選手(内野手)
ヤクルト:川端慎吾選手(内野手)
中日:阿部寿樹選手(内野手)

不在:1球団
永久欠番:0球団
投手:0球団
捕手:0球団
内野手:10球団
外野手:1球団

12球団中10球団が内野手の着用となっている背番号「5」。また、外国人選手が着用している球団も4球団ある。内野手の中でも川端慎吾選手(ヤクルト)のようなアベレージヒッターもいれば、レアード選手(日本ハム)のような長距離砲もおり一概にイメージ像は沸いてこない。

また、背番号「5」の選手を振り返るとメジャーリーグに名選手が多く生まれていることがわかる。

「記録より記憶に残る男」新庄剛志選手

2000年オフに阪神タイガースからメジャーリーグへ挑戦した新庄剛選手も阪神入団時の背番号は「63」だったが、4年目の1993年から「5」に変更。この年初めて100試合以上に出場し、チームの中心選手へと成長した。

「記録より記憶に残る男」として知られている新庄選手は、1995年オフに突如「野球に対するセンスがない」と発言し引退を宣言した。周囲の説得もあり発言撤回となったが、若手時代からこういった行動が見られていたようだ。また、1999年には敬遠された球を安打とするなどエピソードには事欠かない選手だった。

2000年オフにFA宣言をし、メジャーリーグのニューヨーク・メッツへと移籍。そこでも背番号は「5」を与えられ、2003年までの3年間をメッツ、サンフランシスコ・ジャイアンツで過ごすが、どのチームでも一貫して背番号「5」を与えられている。

2004年から北海道日本ハムファイターズへ移籍して、背番号「1」を付ける。「札幌ドームを満員にする」「チームを日本一にする」といった印象的なセリフを残し、3年間プレーした後、最終年のシーズン早々にまたもや突然の引退宣言でファンを驚かせた。しかし、宣言通りの日本一となり有終の美を飾っている。

常に話題を呼び、発言や行動に注目されていた新庄選手だが、阪神とメジャーリーグ時代の背番号「5」が印象的だ。

おすすめの記事