「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球で背番号4を背負った名選手たち

2017 9/13 14:03cut
野球,バッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年現役選手の背番号「4」

現役選手では東京ヤクルトスワローズのバレンティン選手が背番号「4」で大活躍しているが、他球団の選手はどうだろうか。

日本ハム:飯山裕志選手(内野手)
ソフトバンク:川島慶三選手(内野手)
ロッテ:不在
西武:不在
楽天:岡島豪郎選手(外野手)
オリックス:モレル選手(内野手)
広島:小窪哲也選手(内野手)
巨人:永久欠番(黒沢俊夫選手)
DeNA:荒波翔選手(外野手)
阪神:不在
ヤクルト:バレンティン選手(外野手)
中日:藤井淳志選手(外野手)

不在:3球団
永久欠番:1球団
投手:0球団
捕手:0球団
内野手:4球団
外野手:4球団

日本で背番号「4」は「死」を連想させることもあるためか、不在の球団が3球団ある。外国人選手が2球団、永久欠番が1球団となっている。日本人選手が着用しているのは、半分の6球団だ。内野手、外野手の割合も半分となっており、基本的に野手がつける番号といっていいだろう。

読売ジャイアンツの背番号「4」は1947年7月9日に同じく巨人の背番号「14」とともに日本最初の永久欠番となった。この番号を着用していた黒沢俊夫選手はシーズン中に腸チフスを発症し現役のまま急死。黒沢選手は戦時中も4番を打つなど活躍している主力選手でもあった。

シーズン最多本塁打記録保持者・バレンティン選手

外国人選手が背番号「4」を着用することの多い、東京ヤクルトスワローズ。古くはデーブ・ロバーツ選手、チャーリー・マニエル選手らが着用。近年ではジェイミー・デントナ選手が2009年、2010年とこの番号を与えられていた。そのデントナ選手の後に着用しているのがウラディミール・バレンティン選手だ。

2011年に来日し初年度から本塁打王に輝くと翌2012年にも本塁打王を獲得。来日3年目の2013年には日本球界最多となる60本塁打をマーク。2016年までの6年間で185本塁打を放つスラッガーとして活躍中だ。

また、2013年の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で初めてオランダ代表に選出。2015年のプレミア12、2017年の第4回WBCと続けざまに代表入りを果たしたバレンティン選手の背番号は代表でも「4」だ。第4回WBCでは4番を任され打率.615、4本塁打、12打点の活躍を見せている。

ちなみに、シアトル・マリナーズ、シンシナティ・レッズでメジャー経験はあるが、その際の背番号は「4」ではない。

おすすめの記事