「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

西野勇士、岡田幸文がプロ入りした2008年育成ドラフトの答え合わせ

2021 9/19 06:00SPAIA編集部
ロッテの西野勇士,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

ソフトバンクは二保旭ら5人指名

今年もプロ野球ドラフト会議(10月11日)が近付いてきた。育成出身選手の活躍が珍しくない昨今、育成ドラフトでどんな選手が指名されるかも楽しみのひとつだ。

とはいえ、多くの育成選手は一軍のグラウンドに立つことすらできないままユニフォームを脱ぐプロの世界。2008年の育成ドラフトで指名された選手のプロ入り後の成績を振り返ってみたい。

2008年育成ドラフト指名選手の通算成績


ソフトバンクは5人を指名した。1巡目は大阪産業大の右腕・内田好治。阪神大学リーグで通算16勝を挙げたが、一軍出場は果たせず2011年オフに戦力外となった。

2巡目では九州国際大付高の右腕・二保旭を指名。2012年に支配下登録され、9月に一軍デビューを果たした。2015年には44試合に登板して6勝1敗5ホールド。2020年には先発で4勝を挙げた。今年7月に中谷将大との交換トレードで阪神に移籍している。

3巡目ではBCリーグ福井の右腕・柳川洋平を指名。2011年に支配下登録され、5月に一軍で初マウンドに立つなど計8試合に登板したが、勝ち星を挙げることはできず2012年オフに戦力外となった。

4巡目は鎮西高の捕手・猪本健太郎。2010年のフレッシュオールスターで本塁打を放って優秀選手賞に選ばれ、ウエスタンで14本塁打をマークした2013年オフに支配下登録された。2014年に一軍デビューし、2016年には一軍で5試合に出場したものの結果を残せず自由契約。入団テストに合格したロッテに移籍し、2017年には一軍で初打点を挙げたが、オフに戦力外となった。

5巡目は武相高、横浜商科大、日産自動車を経て四国アイランドリーグ香川でプレーしていた堂上隼人を指名。2009年に支配下登録され、翌2010年には一軍で7試合に出場したが、2012年に不祥事を起こして契約解除された。

ヤクルト塚本浩二は神戸大出身初のプロ野球選手

ヤクルトは1巡目でブラジル出身の右腕ラファエル・フェルナンデスを指名。白鷗大でプレーしていたため日本人扱いとなり、ドラフト指名された。2011年に支配下登録され、翌2012年にはプロ初勝利。2013年にはブラジル代表としてWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)にも出場したが、シーズンでは一軍登板がなく、オフに戦力外となった。

2巡目では神戸大からワイテックを経て四国アイランドリーグ・香川でプレーしていたアンダースローの塚本浩二を指名。神戸大出身で初めてのプロとなったが、一軍出場を果たせないまま2010年オフに戦力外となった。

楽天は四国アイランドリーグ・香川の主砲だった森田丈武を指名。28歳と遅いプロ入りで話題になり、2009年には一軍で9試合に出場して6安打を記録したが、2011年オフに戦力外となった。

広島は金沢学院東高の左腕・松田翔太を指名。しかし、一軍登板を果たせないまま3年で戦力外となり、退団後はBCリーグの石川と福井でプレーした。

ロッテは8人指名して2人が大出世

ロッテは大量8人を指名し、ダイヤの原石を発掘した。1巡目の日高中津分校・木本幸広、2巡目のBCリーグ信濃・鈴江彬、3巡目の東海大相模高・角晃多、4巡目の四国アイランドリーグ香川・生山裕人は一軍出場を果たせないまま戦力外となったが、5巡目で指名した新湊高の右腕・西野勇士が大きく伸びた。

2012年に支配下登録されると翌2013年にはプロ初勝利を含む9勝をマーク。オフにはかつてのエース村田兆治がつけていた背番号29に変更した。2014年からクローザーに転向し、2年連続30セーブをマーク。2020年に右肘のトミー・ジョン手術を受けたが、通算233試合登板で18勝21敗88セーブ23ホールドを記録している。

5巡目では日本大を中退して全足利クラブでプレーしていた俊足巧打の岡田幸文を指名。2009年に支配下登録され、翌2010年は一軍で72試合に出場して日本一に貢献した。2011年から6年連続100試合以上に出場し、2018年に引退するまで910試合出場で573安打、142盗塁、打率.255の成績を残した。2501打席で本塁打なしという珍しい記録も持つ。現在は楽天の外野守備走塁コーチを務めている。

7巡目の太田工高・吉田真史、8巡目の八日市南高・田中崇博は一軍のグラウンドにたつことなく戦力外となった。

阪神の野原祐也は女子チーム監督に就任

中日は1巡目で大阪産業大のスラッガー・加藤聡を指名したが、一軍出場のないまま戦力外。2巡目では新潟明訓高から東京経済大、明治安田生命を経て東京弥生クラブでプレーしていた小林高也を指名したが3年で戦力外となり、巨人で1年プレーしたものの再度戦力外となってユニフォームを脱いだ。

阪神は1巡目でBCリーグ富山の野原祐也を指名。2009年7月に支配下登録され、9月にプロ初安打を放つなど15試合に出場した。しかし、その後は2011年に4試合、2012年は3試合出場にとどまり、同年オフに戦力外。現在は女子クラブチーム「阪神タイガースWomen」初代監督を務めている。

2巡目では常磐大の大型右腕・吉岡興志、3巡目では同年夏の甲子園に出場した加古川北高の内野手・藤井宏政を指名したが、いずれも一軍出場のないまま戦力外となった。

巨人は1巡目で綾部高の右腕・杉山晃紀を指名したが、2011年に戦力外。2巡目では岐阜城北高時代にセンバツ4強入りし、早稲田大を中退後に入団テストを受けた尾藤竜一を指名したが、2011年にユニフォームを脱いだ。

3巡目では大阪経済大で通算101安打をマークした山本和作を指名。巨人では一軍出場はなかったが、2012年に香月良太、阿南徹との交換トレードで東野峻とともにオリックスに移籍すると、2013年に96試合に出場し、4本塁打を放った。しかし、その後出場機会が減り、2015年オフに戦力外となった。現在は母校・大経大の監督を務めている。

4巡目ではNOMOベースボールクラブの福元淳史を指名。山本と同じく巨人では一軍出場できなかったが、2012年6月に久米勇紀、立岡宗一郎との交換トレードで、レビ・ロメロとともにソフトバンクへ移籍すると、8月に一軍初昇格し、翌2013年には15試合に出場した。同年オフに戦力外となった後は、ソフトバンクのスカウトに転身した。

同年の通常ドラフトではメジャー希望を表明していた新日本石油ENEOSの右腕・田澤純一が目玉だった。結果的に12球団とも指名を回避し、田澤はメジャー挑戦の夢を実現させた。ドラフトを巡るドラマは悲喜こもごも。今年の「運命の日」ももうすぐだ。

【関連記事】
田澤純一を指名回避した2008年ドラフトの答え合わせ、一番出世は?
山口鉄也が巨人入りした2005年育成ドラフトの答え合わせ
巨人・八百板卓丸が楽天入りした2014年育成ドラフトの答え合わせ
千賀滉大、甲斐拓也がプロ入りした2010年育成ドラフトの答え合わせ
石川柊太、砂田毅樹がプロ入りした2013年育成ドラフトの答え合わせ
松原聖弥が巨人入りした2016年育成ドラフトの答え合わせ、オリックスも当たり年
増田大輝が巨人入りした2015年育成ドラフトの答え合わせ、引退後に異色の転向も
ソフトバンクが大当たりだった2017年育成ドラフトの答え合わせ

おすすめの記事