「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

MLBの頂点!ワールドシリーズで活躍した日本人選手たち

2017 8/25 10:07Mimu
松坂大輔選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

ワールドシリーズに出場した日本人選手

まずはワールドシリーズに出場した日本人選手を見てみよう。

2002年 新庄剛志 ドジャース
2003年 松井秀喜 ヤンキース
2004年 田口壮 カージナルス
2005年 井口資仁 ホワイトソックス ☆
2006年 田口壮 カージナルス ☆
2007年 松坂大輔・岡島秀樹 レッドソックス ☆
2007年 松井稼頭央 ロッキーズ
2008年 岩村明憲 レイズ
2009年 松井秀喜 ヤンキース ☆
2013年 上原浩治・田澤純一 レッドソックス ☆
2014年 青木宣親 ロイヤルズ

(☆マークはワールドシリーズで優勝した選手)

となっている。この表を見てアレっと思う方もいるかもしれない。2016年にシカゴ・カブスがワールドシリーズに出場したはずなのに、川崎宗則選手(現:福岡ソフトバンクホークス)の名前がないからだ。
実は川崎選手はベンチに入ったものの、25人のロースターには入っておらず、試合には一切出ていないのだ。それでもチームメイトや監督から必要とされてベンチにいたのだから、それだけ大きな存在だったのだろう。

さて、日本人選手として初めて優勝を果たしたのは、2005年の井口資仁選手(現:千葉ロッテマリーンズ)だ。ワールドシリーズの成績自体は18打数3安打で打率.167しかなかったが、オジー・ギーエン監督の作戦を遂行する上で重要になるつなぎの役割を果たしており、監督からは非常に高く評価されていた。

日本人選手として初めて優勝の瞬間をグラウンドで経験

田口壮さん(現:オリックスバファローズ2軍監督)の活躍も印象的だ。2004年、2006年と2度ワールドシリーズに出場し、2004年のレッドソックスとのワールドシリーズでは、いわゆる「バンビーノの呪い」から86年ぶりに解放されたレッドソックスに4連敗。だが、2006年にはデトロイト・タイガースを4勝1敗で下し、世界一に輝いた。

この年ポストシーズンで2本塁打を放つなど絶好調だった田口選手は、ワールドシリーズでも好調を維持し、5試合中4試合に出場。第1戦から先発出場し、ヒットを放っている。さらに第4戦では1点ビハインドから代打で登場し、バントが相手エラーを誘って出塁し、そのまま後続打者のタイムリーで逆転のホームも踏んだ。第5戦でも先発出場して、1安打1盗塁1得点を記録。
試合終了までレフトを守り、日本人選手として初めて優勝の瞬間をグラウンドで迎えた選手となっている。ただし、井口選手は優勝を決めた試合に出場していたが、優勝の瞬間にはすでに交代してベンチに下がっていた。

その後2008年に田口選手はフィラデルフィア・フィリーズへと移籍し、この際もワールドシリーズに進出。岩村明憲選手のいたタンパベイ・レイズを下して世界一に輝いているが、残念ながらこのシリーズでは田口選手の出番はなかった。

おすすめの記事