「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

センバツ甲子園開幕!注目の新3年生選手たち・後編

2018 3/24 14:00Mimu
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

超強力打線で優勝を狙う 智弁和歌山

智弁和歌山は、超強力打線が売りだ。昨年の甲子園にも出場した林晃汰、文元洸成、冨田泰生の3人がクリンナップを組み、打ち勝つ野球で勝ち上がっていった。打線の破壊力は、今大会の出場校の中でも、間違いなくトップクラスである。

林は左打ちの内野手で、ここまで高校通算33本塁打を記録している。昨年の夏の甲子園でも3番に座り、1回戦の興南高校戦ではツーランホームランを放った。しかし、その試合後に右ひじに痛みを覚えると、2回戦の大阪桐蔭戦は欠場。チームも破れてしまった。

右ひじは疲労骨折と判明し、秋の大会には1試合も出場できていない。不完全燃焼に終わった昨年のリベンジを果たすべく、センバツでは大暴れと行きたいところだ。

そんな林の後ろを文元・冨田の2人が担う。2人とも右の強打者であり、ここまでも、そろって高校通算25本塁打ずつを記録している。3人合わせて通算83本塁打、こんな超強力打線な打線は、全国でも例を見ない。さらに1学年下には、西川晋太郎、黒川史陽など、昨年の甲子園を経験した選手がおり、経験値も豊富だ。

チーム躍進のカギを握るエース投手

智弁和歌山のエース平田龍輝も世代を代表する好投手だ。昨年の夏の甲子園では背番号10をつけてベンチ入り。2試合に登板していずれも好リリーフを見せていた。

ストレートは最速144km/hを記録、ややインステップ気味のフォームから、威力のあるストレートを投げ込んでくる。変化球はスライダーやフォーク、チェンジアップなど。勝ち上がるには、安定した投手力も必要となる。彼の踏ん張りがカギになるだろう。

おすすめの記事