「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

センバツ甲子園開幕!注目の新3年生選手たち・前編

2018 3/23 16:10Mimu
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

優勝候補筆頭 大阪桐蔭

優勝候補筆頭といえば、やはり大阪桐蔭だろう。2017年も、ミレニアル世代を中心としたメンバーで選抜を制覇しており、今年も優勝候補の筆頭だ。
昨年ベンチ入りしていたメンバーは、根尾昂・藤原恭大・中川卓也・山田健太・宮崎仁斗・柿木蓮・横川凱の7人。新キャプテンには、中川が指名されている。

秋の大会に出場していたファーストの井坂太一や、外野手の青地斗舞やキャッチャーの小泉航平らもこの世代だ。この冬を超えて、内野手の石川瑞貴も頭角を現してきた。

現在も二刀流として注目を集める根尾昂

大阪桐蔭の中で注目選手を挙げるとすれば、根尾・藤原の2人だろう。逸材そろいのこの世代の中でも、この2人は飛び抜けている。
根尾は昨年の選抜で、外野・内野・投手の三刀流で話題となった選手だ。現在は外野に回ることは少なくなったが、背番号6をつけ、ショートとピッチャーの二刀流は継続中だ。

根尾の放つストレートは、最速で148km/hを記録。スライダーとチェンジアップのコンビネーションで打ち取る。秋の近畿大会準決勝(近江高校:滋賀県)では、16奪三振完封勝利を記録した。
打者としては、2年の夏からは4番を任されており、この選抜前までで高校通算21本塁打を記録している。177cmとそれほど大柄ではないが、地方球場では場外ホームランを飛ばすこともある。非常にスケールの大きな選手だ。

おすすめの記事