「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【歴史で分析】大体大浪商高校の野球部が強い理由とは?

2017 3/29 18:30イシカワヒロキ
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/shutterstock.com

大阪の野球強豪校である、大体大浪商高校。近年では特に勢いがあり、注目が集まっている名門校だ。そんな大体大浪商の実力について、ご存知だろうか。今回は「大体大浪商の強さの理由」を、これまでの歴史から分析して紹介する。

夢への道を切り拓く、大体大浪商高校

大体大浪商とは「大阪体育大学浪商中学校・高等学校」の略称であり、大阪体育大学にエスカレーター式で進学できる中高一貫校だ。「大体大浪商(だいたいだいなみしょう)」と呼ばれることが多く、全国屈指の野球名門校として有名だ。
大体大浪商は大阪府泉南(せんなん)郡にある自然豊かな学校であり、「夢への道、浪商で切り拓け?浪商で育てる強い自分?」が教育方針とされている。大体大浪商の野球部も、「甲子園」という夢を切り拓くために、日々練習している。

【歴史から分析】全国屈指の名門校と呼ばれる理由

大阪府は、PL学園や大阪桐蔭、明星、市岡など、野球強豪校が多いことで知られている。その中でも大体大浪商は「全国屈指の名門校」と呼ばれている。なぜならば、大体大浪商は春の選抜高校野球で優勝2回、準優勝3回を収めているからだ。
また、夏の甲子園では過去に2回も優勝を果たしており、高校野球に興味がある方ならば誰でも耳にしたことがあるほどの学校だ。国民体育大会でも優勝2回の実績があり、全国から注目が集まっている。

おすすめの記事