「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【歴史から見る実力】高知高校野球部を徹底解説

2017 3/29 18:30イシカワヒロキ
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andrey_Popov/shutterstock.com

四国地方の野球強豪校といえば、どこを思い浮かべるだろうか?高知県ならば、高知高校野球部がとても有名だ。今回は高知高校野球部の実力を、春の選抜高校野球・夏の甲子園の歴史から分析して、紹介したいと思う。

【歴史】中高一貫の野球部であり、中学・高校ともに全国制覇を達成した

高知高校とは、高知県高知市北端町にある中高一貫校だ。1899年に学校創立しているため、創立100年以上の歴史がある。
そんな高知高校の教育方針とは、「たくましい心とからだ」「たしかな基礎学力」「豊かな情操」「信頼される人間」の4つを大切にすることだ。それに加えて野球部は「粘り強い努力」「文武両道の精神」「思いやりの心」「チームプレー」を大切にしている。だからこそ、中学・高校ともに全国大会での優勝経験がある。

高知高校野球部では、春・夏の両方で全国制覇もしている

さらに高知高校では、「春の選抜高校野球」と「夏の甲子園」の両方で全国制覇を果たしている。もう少し詳しく見てみると、「春の選抜高校野球」では1975年(第47回)に高知高校が優勝した。夏の甲子園では1964年(第46回)に高知高校が優勝しており、全国屈指の強豪校として注目を浴びるようになった。
この歴史的快挙の後に、高知高校野球部の実力はどのように変わっていくのだろうか。まずは、夏の甲子園からみていこう。

おすすめの記事