「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

今治西野高校球部の歴史とプロで活躍する選手たち

2017 3/29 18:30おおたき
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/shutterstock.com

今治西は愛媛県内でも屈指の進学校ながら甲子園に何度も出場を果たしている野球の名門校でもある。今治西のこれまでの軌跡と、ここからプロに進んだ選手たちについて紹介する。

今治西の歴史

今治西は1901年に愛媛県立西条中学校今治分校として開校をされ、螢雪精神を大切にしてきた。現在の今治市松本町に位置していたが、1920年に現在地である愛媛県今治市中日吉町に移転された。
1948年に愛媛県立今治第一高等学校と校名を変更し定時制ができた。1949年に現在の校名になっている愛媛県立今治西高等学校と名前を改め、1958年に一緒になっていた工業科が愛媛県立今治工業高等学校として分離独立し現在に至る。

野球部の歴史

今治西の野球部は愛媛県代表として何度も甲子園出場を果たしている野球の名門校だ。春、夏ともに12回の出場をし、2007年には全国で30校目となる春夏通算30勝目をあげた。
1995年、1999年には春の大会でベスト4まで駒を進めた。夏の大会では1963年、1973年、1977年の3度ベスト4まで進み、全国制覇まであと少しのところで惜しくも敗れている。2012年の夏の大会では1回戦で敗退となったが、その時に1回戦の相手となった桐光学園戦のエースであった松井裕樹選手にに22三振を奪われるという屈辱を味わい、この記録が歴代最多奪三振記録となってしまった。

おすすめの記事