「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

いまだその活躍は目覚ましい!大分商業野球部の歴史とは

2017 3/22 18:28Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

公立高校ながら大分県内でひときわ強い存在感を放っているのが大分商業だ。 近年でも甲子園への出場、プロ野球選手の輩出が目覚ましく、高校野球ファンとしてぜひ注目したい高校だ。 今回は大分商業野球部の実績や伝統を紹介する。

20度も甲子園に出場した大分商野球部

大分商業高校は、1917年に創立された。野球部は1921年に創部され、県大会にも1924年の第10回大会から出場。1931年には早くも予選大会を優勝し、甲子園への出場を果たした。
以降、甲子園へは春夏合わせて20回出場(春5回・夏15回)。近年でも2014年の夏の大会に出場している。最近では明豊高校や大分高校といった私立高校も力をつけてきており、県内では群雄割拠の状態が続いてるのだが、そんな中でもひときわ存在感を放っている高校なのだ。

4度のベスト8を経験!1979年のチームの中心はあの人!

大分商業は甲子園での優勝経験こそないが、これまでに4度のベスト8の経験がある。特に印象的だったのが1979年だ。この年は岡崎郁選手と松本健選手の2人が立役者となった。
岡崎選手は巨人ファンの方にとってはおなじみの方かもしれない。巨人の内野手として活躍し、引退後はコーチや2軍監督としてチームを支えていた人物だ。松本健選手はプロ入りこそしていないが、サウスポーのエースとして活躍していた。同年代の方にとっては懐かしい名前なのではないのだろうか。

おすすめの記事