「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

1994年にミラクル優勝!佐賀商野球部の歴史とは

2017 3/22 18:28Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mTaira/Shutterstock.com

いまだに佐賀県民の中では語り継がれるのが、1994年の佐賀商業の劇的な優勝だ。 2007年の佐賀北高校の「がばい旋風」よりも10年以上前、奇跡を巻き起こした。 今回は、その佐賀商業野球部の歴史や優勝までの軌跡を紹介していく。

佐賀県勢として初めての甲子園優勝を果たした佐賀商野球部

佐賀商は、1907年に佐賀市立佐賀商業高校として創立された。今のように県立高校になったのは1920年のことだ。大会にはその翌年の1921年、第7回大会から出場している。 そして佐賀商といえば、佐賀県勢として初めての甲子園優勝を果たした高校でもある。近年でいえば2007年の佐賀北高校の「がばい旋風」がおなじみかと思うが、実はそれよりも10年以上前に奇跡を巻き起こした高校でもあるのだ。

【優勝の軌跡その1】総合力の高さで1、2回戦を快勝

佐賀商が奇跡を起こしたのは1994年のことだ。この年は2年生エースの峰謙介選手を中心に、攻守ともにバランスに優れていたチームだった。県予選では6試合で42得点を挙げる一方で、失点は12点にまとめ、非常に高い総合力の高さを誇っていた。また、田中公士監督の選手の調子を見極めた采配も見事だった。
甲子園でも1回戦の浜松工業戦で6-2、2回戦の関西(岡山)戦でも6-1とまったく危なげない試合展開だった。峰選手は2試合連続の完投を記録し、打線も好調。まったくのノーマークの存在だったが、順調な滑り出しを見せる。

おすすめの記事