「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球界で活躍するOBも多数輩出!報徳学園野球部の歴史とは

2017 3/29 18:30Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mTaira/shutterstock.com

甲子園の地元であり、強豪校がひしめく地域としておなじみの兵庫県。 その中でも、現役生徒・OBまで含めてその活躍が印象的な高校が報徳学園だ。 今回は、報徳学園野球部の歴史や、印象的な大会を紹介していこう。

創部当初は苦しんでいた報徳学園野球部

報徳学園は1911年に創設された。すでに100年以上の歴史を誇っている、県内でも屈指の伝統校だ。野球部の創部は1932年のことになる。関西学院や神戸一中(現・兵庫県立神戸高校)など、当時から県内には強豪校がひしめいていたため、報徳学園ですら創部当初は苦しんでいた。
創部翌年の1933年から予選大会に参加するものの、ほとんどの年で2?3回戦での敗退が続く。1950年代の中頃まではそんな状況だったのだが、転機が訪れたのが1957年だ。この年は準々決勝まで勝ち進むと、さらに翌58年には初の決勝進出。残念ながら姫路南高校に完封されてしまうのだが、このあたりから報徳学園野球部の名前が知れわたるようになる。

60年代になると一気に強豪校の仲間入り

そして1960年代に入ると、いよいよ報徳学園の時代となる。1961年には県大会を初制覇し、甲子園初出場。倉敷工業を相手に延長12回サヨナラ勝ちという熱戦を繰り広げ、甲子園初勝利も手に入れた。以降も60年代だけで5度の出場(64年春、65年夏、66年夏、67年春・夏)。一躍全国を代表する強豪校にまで成長していったのだ。
そして1974年の春には悲願の甲子園初優勝も達成!そして、これを含めて現在までに春2回、夏1回と、通算で3回の優勝を記録している。甲子園の通算勝利数55勝というのは、兵庫県内では最多、全国でも13番目の数字だ(2017年2月現在)。

おすすめの記事