「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2020年ドラフト注目 明石商・中森、履正社・岩崎、中京大中京・高橋らセンバツ出場予定だった右腕たち

2020 4/3 06:00林龍也
明石商高の中森俊介ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

中森俊介、岩崎峻典、高橋宏斗ら実績ある右腕たち

新型コロナウィルスの感染拡大を受け、中止となった第92回選抜高等学校野球大会。例年同様、一冬を越して逞しさを増した選手たちの活躍を楽しみにしていたファンが多かったことだろう。そこで今回は、大会に出場予定だった注目の右腕たちを紹介したい。

まず紹介したいのは、この世代のトップを走る明石商の中森俊介だ。ゆったりしたフォームから繰り出す最速151キロの剛速球に、チェンジアップやフォークなどの変化球も操る本格派。1年夏から甲子園のマウンドに上がると、2年時には春夏連続で甲子園に出場し、チームの4強進出に貢献した。

昨年秋には7試合41回1/3を投げ防御率1.96、43奪三振の好投。7試合のうち4試合で完投、1試合は完封と、エースの投球でチームを4季連続甲子園に導いていた。

ここまで3度の甲子園で、8試合53回1/3を投げ防御率2.53と安定したピッチングを見せてきた中森。夏には本人も公言している「160キロ」を達成し、圧倒的なピッチングで相手校をねじ伏せる姿が観られることを期待したい。

選抜高校野球中止、夏に向け出場校の救済措置を検討へ

続いて紹介するのは昨夏の優勝投手、履正社の岩崎峻典。躍動感のあるフォームから放たれるストレートの最速は145キロ。切れ味鋭いスライダーなど、変化球とのコンビネーションで三振を量産する右腕だ。

2年春の選抜では登板なしに終わったが、エースの清水大成(早稲田大進学)との2枚看板で臨んだ夏には全国制覇を達成。星稜との決勝戦では7回途中から清水をリリーフし、2回1/3を無失点。見事優勝投手となった。

甲子園では4試合で計18回1/3を投げ防御率1.96、15奪三振と好投を見せている。背番号1を背負った昨秋は調子が上がらなかったものの、9試合に登板し49回で49奪三振。防御率も1.65と、安定感を増した。調子を取り戻したピッチングが観られるのはお預けになってしまったが、より一層スケールアップした姿を楽しみにしたい。

大エース?それとも複数投手? 過去5大会の選抜優勝校から見る投手運用

3人目は、今秋ドラフト1位候補とも言われる中京大中京のエース・高橋宏斗。名門・中京大中京で1年夏からベンチ入りするも、これまで甲子園経験はなし。2年秋に愛知大会、東海大会を制して臨んだ明治神宮大会でも優勝。19戦全勝で秋を終えた。高橋は12試合に登板し、75回を投げて防御率1.68、72奪三振を記録。さらに先発した8試合は全て完投、6完封と、高い完投能力も見せた。

指にかかった時のストレートのノビは素晴らしく、高めのボール球でも打者が空振りしてしまうほどの威力がある。さらにカットボール、スライダーなどとのコンビネーションは一級品。投球後にやや身体が一塁方向に流れるきらいがあるが、身体の強さが付いてくれば、さらなる進化を見せてくれるだろう。

高校野球の「球数制限」は誰のためにあるのか?

川瀬堅斗、嘉手苅浩太、八方悠介、片山楽生らにも期待

実績では中森、岩崎、高橋には遅れを取っているが、今後の成長次第では彼らを脅かす存在にもなり得る右腕たちも紹介したい。

大分商の川瀬堅斗は、183cm82kgの体格から繰り出す最速147キロの速球が武器。1年時から公式戦に登板してきた注目右腕だ。兄・晃(ソフトバンク)に続いてプロ入りの可能性も秘める。

日本航空石川の嘉手苅(かてかる)浩太は190cm105kgの巨漢投手。最速147キロを誇るが、右ひじ痛のため昨秋は主に野手として出場した。持っているポテンシャルは素晴らしいだけに、故障から復帰後のピッチングに期待が集まる。

鹿児島城西を春夏通じて初の甲子園に導いたのが、八方(やかた)悠介だ。最速146キロの速球を武器に、昨秋は7試合に登板、43回を投げ防御率1.47と好投を見せた。元プロ野球選手の佐々木誠監督のもと、どこまで実力を伸ばすのか楽しみな逸材だ。

4番・エースとして投打で白樺学園を牽引し、選抜初出場に貢献した片山楽生(らいく)。しなやかなフォームからスピンの効いた最速142キロの速球を投げ込む。与四死球率0.92(48回2/3を投げて5個)は選抜出場予定だった投手で最も良い数字だった。

今回紹介した7名以外にも、多くの好投手が出場予定だった今春選抜。次に彼らを目にするときは、より一層成長した姿を見せてくれることを期待したい。

2020年プロ野球ドラフト候補記事まとめ

2020年プロ野球ドラフト候補選手名鑑

おすすめの記事