「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

インターハイの陸上競技で活躍した歴代選手たち・男子800m編

2017 6/13 12:41茶色野うさぎ
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Valery Bareta/ Shutterstock.com

スポーツに打ち込む高校生にとっては夢の舞台でもあるインターハイだが、過去にどのような選手が活躍したのだろうか? 今回はインターハイの男子800mで活躍した選手とその後の活躍など、気になる情報を紹介していく。

男子800mという競技について

陸上800mは中距離走に分類される競技だ。しかし、中距離走の中でも最も距離が短く、世界の競技レベルの向上とともに高速ペースで駆け抜けるという特殊な競技になってきている。競技は400mのトラックを2周するのだが、スタートして第2コーナーを曲がるとオープンレーンとなり、この時から激しいポジション争いが始まるため、「陸上の格闘技」と呼ばれることもある人気競技だ。
世界記録のランキング10位以内を見てみると、デンマーク、イギリス、ブラジル、ロシアといった国の選手が入っており、必ずしもアフリカ勢が強いというわけでもないようだ。肉体的な強さと駆け引きなどのメンタル的な強さが必要とされるのが800mという競技なのだ。

1973年、1974年インターハイで連覇・瀬古利彦さん(四日市工)

高1でインターハイに出場して3位に入った瀬古利彦さんは、高2ですでに怪物という異名をつけられるほどの選手に育っていた。高2で迎えた1973年の三重インターハイで優勝すると、続く1974年の福岡でも優勝、連覇を飾った。
800m、1500m、5000mで強さを見せる特異な才能が注目されるなか、一浪して早稲田大学へ一般入試で合格、1年生の時から箱根を沸かせる。大学在学中からマラソンに挑戦し、後半に爆発的な追い込みで勝負を決めるというスタイルを確立し、マラソン10勝という成績を残した。
引退後は後進の育成に力をいれており、現在はDeNAランニングクラブの総監督を務めている。

おすすめの記事