「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【東北地方】高校柔道部の強豪校

2017 2/16 10:10
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sportpoint/Shutterstock.com

団体戦、個人戦ともに見所たっぷりの柔道。「一本」が決まった時の喜びは、見ている方にも伝わってきますよね。 今回は、東北地方で強豪校と一目置かれる高校柔道部をご紹介したいと思います。

目標は全国制覇!山形県「山形工業高校」

2016年11月に行われた全国高等学校柔道選手権大会山形県予選では、団体男子3位、女子は優勝と東北地方の柔道部としては強豪校として知られる山形工業高校。
東北総体では、男子個人66kg級の布施佑晟選手、100kg級越後貴登選手、相田輝選手がベスト8、女子は団体3位、個人では70kg級で2年生の神保朱李選手が見事に優勝を果たしました。神保選手の目標は「全国制覇」とのこと。今後の活躍にも期待したいですね。

県大会16連覇 福島県「田村高校」

福島県の柔道強豪校といえば田村高校の男子柔道部。福島県高等学校体育大会では、2016年で16連覇を達成しています。体育科を持つ田村高校は数多くの部活動での強豪校としても知られています。
2016年の福島県高等学校新人体育大会、柔道競技でも矢野修弘選手、杉山海選手、三浦真温選手、小林真士選手、そして大将の瀧澤秀斗選手が出場し、決勝では4つの白星を勝ち取り優勝を果たしました。数々の大会で福島県を制覇し続ける田村高校柔道部。来シーズンの大会も楽しみですね。

おすすめの記事