「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

選手としてだけではなく指導者として日本柔道を支えた名コーチ

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://news.yahoo.co.jp/

日本のお家芸でもある柔道。 試合では主に選手のみが注目されるが、その裏には監督やコーチの存在がある。 日本柔道を選手としてだけでなく指導者としても支えてきた名コーチを紹介する。

弟子との絆・古賀稔彦

1992年バルセロナオリンピック、柔道男子71キロ級で金メダルを獲得した古賀稔彦さん。世界選手権でも3個の金メダルを獲得するなどしたが、怪我に悩まれる柔道人生だった。
2000年に現役を引退し、全日本女子柔道チーム強化コーチに就任。2004年のアテネオリンピックでは、弟子の谷本歩実さんが金メダルを獲得。試合後に谷本選手が真っ先に恩師である古賀さんの元へ駆け寄って抱擁を交わした場面が話題となるなど、弟子に愛される指導者としても知られるようになった。
また、2003年からは町道場「古賀塾」を開き、子どもの育成に努めている。

自身の受けた重圧をもとに・斉藤仁

1986年、ソウルオリンピック95キロ超級で大会唯一の柔道での日本人金メダリストとなった斉藤仁さん。 現役を引退してからは、1989年から国士舘大学で柔道を指導。全日本柔道連盟男子強化ヘッドコーチを経て、2004年のアテネオリンピック、2008年の北京オリンピックで柔道男子日本代表監督を務めた。
北京オリンピックの代表監督時代には、100キロ超級で金メダルを獲得した石井慧さんが「オリンピックのプレッシャーなんて斉藤先生のプレッシャーに比べたら、屁の突っ張りにもなりません」と語り、流行語大賞を受賞したことで有名にもなった。

おすすめの記事