「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【吉田沙保里選手と山本聖子選手】レスリング界のライバル関係に迫る!

2017 6/13 12:41SOL
レスリング
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Ahturner/Shutterstock.com

世界最高の水準にある日本女子レスリング界。金メダル獲得ラッシュに沸いた2016年のリオデジャネイロ五輪での活躍は記憶に新しい。本稿では、日本女子レスリング界の黄金期を支えた吉田沙保里選手と、彼女の強敵であり続けた山本聖子選手のライバル関係に迫る。

【レスリング・ライバル伝説】吉田沙保里選手のキャリア

吉田沙保里選手は三重県出身、レスリング選手としてのキャリアの始まりはわずか3歳のころ。お父さんが開いていたレスリング道場でトレーニングを始めたことがきっかけとなり、めきめきと実力を伸ばし、男子顔負けの強さを身につけるようになる。
ジュニア女子選手の頃には、国内のみならず世界的にもトップクラスの実力と評されるようになり、2000年、2001年に世界ジュニア選手権を連覇。2003年、世界選手権とワールドカップで優勝し、万全の状態で2004年に行われるアテネ五輪の選考会へと臨むこととなる。

【レスリング・ライバル伝説】山本聖子選手のキャリア

山本聖子選手は神奈川県出身、レスリング選手としてのキャリアの始まりは5歳。1964年の東京五輪に出場した山本郁榮を父に持ち、姉の美憂、兄の徳郁(のりふみ)とともにレスリング一家に生まれ育つ。
10代のころからメキメキと頭角を現し、日本レスリング界を担う逸材として活躍。吉田選手よりは2歳年上だが、1999年から2003年にかけて、世界選手権の異なる3階級(51kg級、56kg級、59kg級)で4度も頂点に輝く。まさに選手として脂が乗り切った状態で、2004年に行われるアテネ五輪の選考会に挑戦することになった。

おすすめの記事