「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アマチュアレスリングファンにとっての「聖地」はどこか

2017 6/13 12:41mikky
レスリング
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 ostill/Shutterstock.com

昨年のリオデジャネイロ五輪ではメダルラッシュだった日本アマチュアレスリング界。2020年の東京五輪に向けて益々興味が持たれていくであろう。世界に名だたる日本の名選手達を育てた場所は、アマチュアレスリングを志す者やファンにとって「聖地」と呼ばれるかもしれない。世界のアマチュアレスリング選手を育てた、また歴史的試合が行われた、「聖地」を5か所を紹介する。

数々の金メダリストを輩出した志学館大学レスリング部

志学館大学(旧中京女子大)レスリング部は吉田沙保里、伊調馨、千春姉妹を始め、女子レスリング界において世界に数々の金字塔を打ち立てた名選手を輩出してきた。
1989年創部。名古屋市から見て南東に位置する愛知県大府市にある。多くの金メダリストを育てた栄和人監督は五輪中継やテレビでも知られる。道場は過去にウオーキングイベントの一環で参加者向けに公開されたこともある。

日本代表の合宿地となっている「桜花レスリング道場」

日本女子レスリング日本代表の合宿所である「桜花レスリング道場」は新潟県南部「雪ふる里」十日町市にある。ここへ赴くにはJR飯山線の十日町駅から車で30分。
中心部から離れた場所にある道場は、かつて小学校の分校だった建物をほぼそのまま活かし道場として活用されている。山間地ならではの勾配のきつい地形は選手にとって最適ともいえるトレーニング環境である。

おすすめの記事