「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

レスリングの審判員ってどんな人たち?審判員の役割や経歴

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Tumar / Shutterstock.com

多くの選手を輩出しオリンピックではメダルラッシュもあったレスリング。レスラーが熾烈な戦いを行う中で、その勝敗を判定しているのが審判員たちだ。レスリングの試合で重要な役割を果たす審判員に焦点を当ててみよう。

レスリングの試合で審判が果たす重要な役割

レスリングの審判員は、マットチェアマン、レフリー、ジャッジの3人で構成されている。
レフリーの役割は、試合をルールに則ってきちんと運営すること。試合の中断やレスラーが使った技術の有効性、指によるポイント表示、フォールの確認、不適切な行動への警告や阻止など、即座の判断を要求される場面がとても多い立場だ。
ジャッジはレフリーとは異なりほぼその場を動かず、「スコアシート」にレスラーに与えられたポイントなどを記入する。また、ジャッジはフォールの確認をし、レフリーにフォールであることを伝えなければならない。レスラーが不適切な行動や反則をした場合でレフリーがそれを見逃した場合は、そのレスラーと同じ色の「ラケット」をあげて知らせる役割も担っている。
マットチェアマンはレフリーとジャッジの調整役だ。彼らの見解に齟齬が生じた時に初めて見解を示す。ただ、レフリーとジャッジの両方が誤った判定をした場合は、試合を中断させ3人で協議を行う。また、「チャレンジ」の際に行うビデオ検証にも参加する。

レスリングの審判員には国内の資格と国際資格がある

レスリングの審判員の資格には日本国内の資格と国際大会で裁ける国際資格がある。
日本国内の資格は日本レスリング協会の公認審判員としての資格で、C級からA級がある。C級は子どもたちの試合を、B級では高校生の大会を主に裁く。それ以上を裁けるのがA級審判員だ。
一方、国際大会の審判員には3級から1級があり、オリンピックで裁けるのは1級の審判員だ。国際審判員となるには日本レスリング協会の審判委員会から推薦をもらわないとならない。

おすすめの記事