「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【車椅子テニスの裏側】選手の年収やスポンサー事情は?

2017 4/5 18:49sachi
テニス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 roibu/Shutterstock.com

競技として成立しているスポーツには、それを支えるスポンサーの存在が欠かせない。車椅子テニスも同様だ。 選手を通して競技の普及に貢献するスポンサーだが、車椅子テニスの場合、その狙いはどこにあるのだろうか。 選手の側からその実態を探ってみた。

知っておきたい、車椅子テニスプレーヤーの収入実態

車椅子テニスはパラスポーツの1種目で、そのゲーム内容は非常にハイレベルだ。ストロークのボールスピードは通常のテニスと遜色がなく、チェアワークという独自のテクニカルな動きは目を奪われるものがある。いわゆるハンデをまったく感じさせず肉体の限界に挑むその姿は、観衆に興奮と感動を約束してくれる。
そんな車椅子テニスだが、1つの現実的な課題として「収入額の圧倒的な低さ」が挙げられる。世界で活躍する選手たちは、同じくワールドツアーを駆け巡るテニスプレーヤーと、比べものにならないほどの収入しか得ていない。

日本が世界に誇るテニスプレーヤー2名の年収比較

日本を代表するテニスプレーヤーといえば、現在の世界ランキングでトップ10の常連となった錦織圭選手だ。錦織選手の年収は約34億円と言われていて、アメリカのフォーブス紙が発表する「世界のセレブ100人」では日本人で唯一のランクインを果たしている。
これに対し、車椅子テニスで世界1位に君臨したこともある国枝慎吾選手の年収は4000?5000万円程度なのだ。正式な公表はないので推定額となるが、世界1位までのぼり詰めたグランドスラム達成者の収入でさえ、錦織選手が得ている年収の約1.4%だ。
一般にプロテニスプレーヤーの年収は、大会の出場による賞金とスポンサー料が大部分を占めている。それもトップクラスの選手になると、ツアーの賞金よりスポンサー収入の方が高額になっていく。では、国枝選手の場合はどうだろうか。

おすすめの記事