「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

時に打ち合いは時速100キロ超え!卓球パラリンピック

2017 7/10 10:01ゆうり
卓球,パラリンピック
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 CHEN WS/Shutterstock.com

子どもも大人も、障がいのある人もない人も、みんなが楽しめるスポーツ、卓球。 オリンピックに負けないくらい、パラリンピックの卓球競技でも熱い戦いが繰り広げられているのをご存知でしょうか。 今回は目にも止まらぬスピード感と迫力が魅力の、パラリンピックの卓球についてご説明します。

パラリンピックにおける卓球競技

パラリンピックの卓球は、一般の卓球競技規則に沿って、1セット11点の5セットマッチで行われます。障がいの程度や種類により、規則が一部変更されています。
知的障がい部門でのルールは健常者とまったく同じですが、車椅子を使用する選手の場合、サービスは相手コートで一度バウンドしたボールがサイドラインを通過した場合はノーカウントです。
また、障がいのため通常のトスが困難な選手は、自分のコートに一度ボールを落としてサービスすることが許可されています。

パラリンピックの卓球のクラス分け

競技は男女別に個人戦、団体戦があります。選手は障がいの程度や種類、運動能力でクラス分けされ、競技はクラスごとに行われます。
1~5が車椅子の選手、6~10が立位の選手、11が知的障がいの選手となり、数字が大きいほど障がいのクラスは軽くなります。
個人戦では男子が11クラス、女子はクラス1と2が合同で行われるため10クラスで順位を競い、団体戦では男子は5つのクラス(1-2、3、4-5、6-8、9-10)、女子は3つのクラス(1-3、4-5、6-10)に分けられ、それぞれのクラスで順位を競います。

おすすめの記事