「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

泣いて笑って腹の底から熱くなれ!おすすめの卓球漫画5選

2017 7/10 10:01ゆうり
卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 OmerYontar/shutterstock.com

最近どんどん強さが増し人気が出てきた卓球。そんな卓球をテーマとした漫画も注目を集めている。熱血スポコンから笑えるものまで卓球漫画もさまざまあるが、今回は特におすすめの卓球漫画を5つ紹介したい。

卓球漫画の名作との呼び声も高い「ピンポン」

「ピンポン」の作者は松本大洋氏だ。小学館の「週刊ビックコミックスピリッツ」で1996年6月から連載され、全5巻で完結した。
舞台は神奈川県藤沢市、片瀬高校卓球部に所属する幼なじみの星野(ペコ)と月本(スマイル)は、駅前の卓球場タムラで小学生時代からラケットを握っていた。いつも好き勝手にふるまい、部活をサボりがちな天才肌の星野。卓球は強いのだが、決して笑わず内気で無口な月本。それぞれの価値観で才能と向き合うことから逃げてきた2人が、本気で卓球に取り組んでいく姿が描かれている。
卓球の技術的な面に関しては、現実にそれほど忠実ではない表現も見られるが、考え抜かれた繊細な心情と情景、読んでいると体が熱くなるような作品である。

卓球未経験者でも楽しめる「少年ラケット」

「少年ラケット」の作者は掛丸翔氏だ。秋田書店の「週刊少年チャンピオン」で2015年9月から連載されている。
自宅の火災で父親を亡くし、ショックで卓球をやっていた記憶を失った中学生の日向伊知朗(イチロー)。小学生の頃にそのイチローに敗れ、再戦するために行方を追い続けていた紫王館中のヨルゲン。2人の少年が再会し、激しく球を打ち合うことで止まっていた時間が動き始めていく物語だ。
漫画ならではの表現や成長のスピードなど、多少現実離れしている部分はあるが、技術的な部分に丁寧な説明があり、卓球をやったことがなくてもわかりやすい。可愛い絵柄だが、試合は熱くきっちり描かれ、元気が出てくる作品だ。

おすすめの記事