「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

触れたら火傷するかも!?ライバル関係にある卓球選手たち

2017 7/10 10:01ゆうり
卓球,ライバル,選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Stefan Holm / Shutterstock.com

ここのところ耳にすることが多くなった卓球選手の名前ですが、この選手のライバルって誰だろう、などと思ったことはありませんか? 今回はライバル関係にあると言われていたり、お互いをライバルだと意識しているであろう5組をご紹介します。

未来の女子卓球界を背負う2人「伊藤美誠選手×平野美宇選手」

2000年10月21日生まれ、静岡県磐田市出身の伊藤美誠選手と、2000年4月14日生まれ、山梨県中央市出身の平野美宇選手は、同学年の友人ですがライバル関係にもあります。
幼い頃からダブルスペアを組み、「みうみま」と呼ばれて国際大会で結果を残してきました。2014年のドイツオープン女子ダブルスでは、伊藤美誠選手は13歳160日の史上最年少記録、平野美宇選手は13歳350日という3番目の記録で優勝を果たし、2人の合計年齢27歳145日が史上最年少の優勝ペアの記録として、ギネス世界記録に認定されています。
シングルスの世界ランキングでは伊藤美誠選手が上ですが、対戦成績を見ると平野美宇選手が上回っています。今後もこの2人から目が離せません。

日本一と世界一「水谷隼選手×馬龍選手」

1989年6月9日生まれ、静岡県磐田市出身の水谷隼選手と、1988年10月20日生まれ、中国遼寧省出身の馬龍選手は、同年代のライバルで何度も対戦しています。
水谷隼選手は全日本選手権9度優勝を誇る、いわば日本一の選手であり、馬龍選手は2017年3月時点で世界ランキング1位、世界一の選手です。この2人の対戦成績は、シングルスでは水谷隼選手の0勝10敗となっており、未だ1勝もできてはいないのですが、2008年のTMSオープンでは、敗れたものの3-4というスコアで、決してまったく歯が立たない相手ではないようです。
ダブルスでは2戦2勝とほぼ互角で戦っています。この先、水谷隼選手が馬龍から1勝を挙げられるかどうか、2人の対戦が楽しみですね。

おすすめの記事