「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成20年 北京五輪で北島康介「何も言えねえ」【平成スポーツハイライト】

2019 1/5 11:00SPAIA編集部
北島康介,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

高3でシドニー五輪4位

平成に行われたオリンピックで日本競泳陣が獲得した金メダルは男女合わせて8個。その中でも強烈なインパクトを残したのは平成16年(2004年)のアテネ、同20年の北京の100mと200m平泳ぎで計4個獲得した北島康介だろう。優勝直後のインタビューでの率直なコメントは流行語にもなった。

北島は5歳で水泳を始め、本郷高3年生だった平成12年にはシドニーオリンピックに出場し、100m平泳ぎで4位入賞。平成14年のアジア大会では、200m平泳ぎで2分09秒97の世界新記録をマークした。さらに翌15年の世界選手権では100m平泳ぎで59秒78の世界新記録、さらに200m平泳ぎでも2分09秒42の世界新記録で優勝した。

おすすめの記事