「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

食べることもトレーニング!水泳選手はどんな食事をとってるの?

2016 11/10 10:16
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ezthaiphoto/Shutterstock.com

テレビや写真で水泳選手の体を見ると、とても鍛えられた筋肉に目が行く人も多いのではないでしょうか。彼らが試合で最高のパフォーマンスを発揮できるその裏には、徹底管理された食事がありました。今回は水泳選手の食事についてご説明しましょう。

水泳選手にとってなぜ食事は大切なのか?

水泳の競技で技術を上げていこうとするとき、そこには多くの研究の成果が活かされています。
食事に大きな影響を与えるスポーツ栄養学もそのひとつ。栄養を摂取する食事は、水泳選手にとって3つの大きな役割を担っていることになるのです。
その役割とは、体を動かすときのエネルギー源・体づくりの材料・体調の調節。水泳選手の場合、その活動量はとても大きなものになりますから、まず通常より多くのカロリーを必要とします。そして体調が良い状態でトレーニングをし、最高のパフォーマンスを本番で発揮するために、適切な栄養を適切なタイミングで摂らなければならないのです。

水泳選手が摂取する1日のカロリーは男子で3700kcal

栄養は「5大栄養素」を中心に考えられています。それは、炭水化物・脂質・タンパク質・ミネラル・ビタミンの5つ。そのうち炭水化物と脂質、タンパク質は「3大栄養素」と呼ばれ、活動のエネルギー源や体づくりの点でとても重要なものです。水泳選手を含むスポーツ選手にとって、この3大栄養素は、炭水化物が全体の60~70%、タンパク質が12~15%、残りを脂質というバランスで摂ることが推奨されています。
そして水泳選手の通常練習期における1日あたりの必要カロリーは男子で3700kcal。一般の男性の摂取カロリーは大体2500kcalと言われていますから、その約1.5倍を摂取する必要があるというわけです。

おすすめの記事