「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

輝かしいメダリストを育てた水泳の名コーチを紹介

2016 11/10 19:16
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dotshock/Shutterstock.com

オリンピックで金メダル。これはアスリートなら誰もが志す夢だろう。しかし、その夢は一人では叶えるのが難しい世界であり、良き指導者に巡り合えてこそ実現できる。今回は、水泳の名選手を指導してきた名コーチの存在について紹介していく。

北島康介、萩野公介を育て上げた名コーチ平井伯昌

アテネ、北京五輪において競泳2種目連続2冠を達成したレジェンド・北島康介選手やリオデジャネイロ五輪金メダリストの萩野公介選手を指導した名伯楽といえば平井伯昌氏だ。平井氏もかつては中学、高校と水泳選手だったが全国大会に出場できるような選手ではなかった。
コーチの道を志すきっかけとなったのは、早稲田大学水泳部に在籍していた頃に、選手からマネージャーへと転身したことだった。当時は水泳をやめたくなるくらい辛い出来事だったが、客観的に選手の素質を見抜く力が身につき、卒業後は東京スイミングセンターに就職して本格的にコーチの道を歩むようになった。

自身の経験ではなく一人一人にあった水泳の指導をする

平井氏は選手の指導にあたっては、自身の経験をそのまま選手に教えるではなく、選手一人一人にあった指導法を編み出していく。選手にはそれぞれ個性があり、思考や理解度を見極めながらプランを立てていき、指導に対する明確な根拠を示すことによって選手に勝利へのポジティブな思考も植え付けていく。
「選手の信頼を引き出すには結果を出させること」「現状をまっすぐ受け入れ、問題の根源から目を背けてはいけない」など、その発言はありがちな根性論ではなく理論的なアプローチに基づいているため、指導を受けた選手は平井氏に傾倒して付いていく。

おすすめの記事