「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲とは切っても切れない「化粧まわし」のトリビアまとめ

2017 5/8 19:55takutaku
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

大相撲の土俵入りを観ていると、真っ先に目に飛び込んでくるのが「化粧まわし」だ。芸術品ともいうべき華やかなものから、可愛らしいアニメのキャラクターものまで、実に多種多彩だ。
歴史から驚きの最新デザインまで、化粧まわしにまつわるトリビアをまとめた。

起源は江戸時代!化粧まわしは豪華な刺繍に注目しよう

大相撲の力士は、取組みのときに必ず「まわし」を身につける。これがなければ相手の体をがっちりつかむことができないので、まわしは力士にとって欠かせない道具だといえる。同じまわしでも「化粧まわし」は役割が違い、化粧まわしは力士が土俵入りのときだけに身につけるものだ。もともとは江戸時代に紀州藩の殿様がお抱えの力士に活躍のごほうびとして贈ったのが起源とされている。
通常のまわしとの違いは、豪華な刺繍をほどこした「前垂れ」がついていること。化粧まわしは各力士を支援するスポンサー(タニマチ)がお金を出して作ることがほとんどだ。そのため、前垂れにはスポンサーの名称などが刺繍されているものが多いようだ。

化粧まわしは看板広告?多彩なスポンサーの数々

十両、幕内の取組みの前になると、土俵上に大勢の力士たちがそれぞれ自慢の化粧まわしをつけて登場する。色とりどりの華やかな化粧まわしを一度に観賞できるので、相撲観戦の楽しみの一つとなっている。
上で述べたように、化粧まわしはスポンサーから贈られたものであるため、広告としての意義も持っている。スポンサーは後援会だけでなく有名企業や裕福な個人のタニマチなどさまざまだ。なかには誰もが知る有名人が自分の名前を入れた化粧まわしを贈ることもある。
たとえばデヴィ・スカルノ夫人は大ファンだった琴光喜関に自分の名前を刺繍した化粧まわしを贈っているし、漫画家のゆでたまごさんは、友人の千代大龍関に「キン肉マン」が刺繍された化粧まわしを贈っている。

おすすめの記事