「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スピードスケート、トレーニング方法をご紹介!

2017 2/9 09:26
スピードスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Paolo Bona / Shutterstock, Inc.

スピードスケート初心者の方へ。 スピードスケート選手の太ももは、女性のウエスト並みのサイズがあり、とてもたくましいですよね。 今回は、スピードスケート競技に役立つ、トレーニング方法をご紹介します。

バーベルスクワット

大腿四頭筋・大臀筋・大腿二頭筋など、下半身を総合的に鍛える基礎的なトレーニング方法が、バーベルスクワットです。特に、大腿四頭筋は全身の筋肉でかなりの割合を持つ箇所なので、バーベルスクワットは非常に効果的です。
しかし、バーベルスクワットは、正しい姿勢で行わないと腰を痛めてしまう可能性が非常に高くなります。腰ベルトの着用することと、大きく息を吸った状態で呼吸を止めて行い、腹圧を高めた状態でトレーニングを行うことを意識しましょう。

ダッシュ

スケートを履いたダッシュには、ショートダッシュとロングダッシュがあります。 まずショートダッシュでは、30m~50mの間でトップスピードに乗ることができるよう、力強くスケーティングします。これを繰り返すことで、瞬発力が鍛えられます。
次にロングダッシュですが、これは大腿部の持続性を高めることができるトレーニングです。60m?100mほどをダッシュします。トップスピードでの滑走距離が長くなるため、大きいストロークをする必要があります。

おすすめの記事