「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スピードスケート、「ダブルトラック」のルールを解説!

2017 2/9 09:26
スピードスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dmitry Yashkin / Shutterstock, Inc.

スピードスケート、観戦初心者の方へ。 「スピードスケート」と一口に言っても、種目がいろいろあったり、人数の違いがあったりして、ルールがわかりにくい部分も多いと思います。 今回は、スピードスケートの中では認知度の高い「ダブルトラック」のルールを解説します。

ダブルトラックとは

スピードスケートの代表的な種目がダブルトラックです。2人ずつ同時に滑走し、1周毎にアウトコース、インコースを交代して滑ります。ダブルトラックのコースは、1周の長さが400m、または333.3mとなっています。
距離は、男子短距離が500m、1000m、1500m。男子長距離が3000m、5000m、10000m。男子リレーが2000m(日本のみ)。女子短距離が500m、1000m、1500m。女子長距離が3000m、5000m。女子リレーが2000m(日本のみ)となります。

ダブルトラックのスタート

ダブルトラックのスタートには、以下のようなルールがあります。

1.スターターが「Go to the start」と合図を出すので、競技者はプレスタートラインとスタートラインの間に位置する。次の合図「Ready」が出るまで、静止しなければならない。
2.スターターの「Ready」の合図からスタート態勢に入り、発砲されるまで静止する。(両者が静止してから1.5秒程度)
3.ラインを越えてしまったり、「Ready」の号令で故意にゆっくり動作してしまうと、「違反」となり警告される。
4.不正スタート(発砲前の飛び出し)をした場合は、スターターは2発目の発砲またはホイッスルで合図し、競技者を呼び戻す。
5.反則スタートを2回行ってしまうと、その選手は失格となる。

おすすめの記事