「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Jリーグにダビド参戦、移籍市場が活発 昌子の動向次第では更なる動きも

2018 12/27 07:00中山亮
サッカー選手,イメージ画像,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

移籍市場の中心、ヴィッセル神戸

天皇杯決勝が前倒しとなったことで普段よりも早く始まった2018年のシーズンオフ。その影響もあってか例年以上に移籍市場は活発に動いている。

そんな移籍市場で最初のビッグニュースとして飛び込んできたのが、元スペイン代表ダビド・ビジャのヴィッセル神戸加入だろう。UEFA EURO2008、FIFAワールドカップ2010の得点王でありスペイン代表歴代最多得点記録を持つビジャが、来シーズンJリーグでプレーするのだ。

過去にもフォルランなどワールドクラスのストライカーがJリーグでプレーしてきたが、ビジャはその中でも最高クラスの選手。スペイン代表やFCバルセロナで共にプレーしたイニエスタと同じチームでプレーするとあって、期待度は高い。チームメイトにはポドルスキもおり、監督もフアン・マヌエル・リージョである。

そして、その神戸にさらなる選手が加わることとなった。G大阪から初瀬亮、C大阪から山口蛍を獲得。特に山口蛍はワールドカップ直近2大会に連続出場している数少ないJリーガーで、2017年C大阪がカップ戦2冠に輝いた立役者だ。ボール奪取力はJリーグナンバーワン。魅惑の攻撃陣を支える役割としては適任者と言えるだろう。

おすすめの記事