「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2018年のJリーグを牽引した川崎F、その強さをデータでみる

2018 12/23 11:00中山亮
中村憲剛,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

圧倒的な攻撃力を見せた川崎F

川崎フロンターレ攻撃表

ⒸSPAIA

川崎Fの特徴は華麗なパスサッカーであることは誰もが認めるところだろう。ボール支配率こそ横浜FMに次ぐ57.6%だが、パス数、パス成功率はナンバーワン。それもパス数2位の横浜FMよりも1試合あたり100本以上の差をつけている。

支配率は2位ながら1位の横浜FMよりもこれだけパス数に差がつくのはインプレーの時間、アクチュアルタイム(実際にプレーした時間)が長いから。川崎Fの試合はボールが止まっている時間が短いのだ。

そして、そのパスはただボールを保持することだけを目的としていないことは、エリア別データで分かる。自陣/敵陣で分けると、自陣42.4%/敵陣57.6%と敵陣の比率が高い。

このデータをさらに細分化すると明確で、ピッチを3つに分けた最も自陣ゴールに近い位置、ディフェンシブサードのパス数はリーグ7位でしかないが、中央のミドルサード、相手ゴールに近いアタッキングサードではダントツ1位。

さらにフィニッシュに近付く敵陣ペナルティ内でのプレー数、シュート数ともリーグトップ。それがリーグナンバーワンの57得点に繋がっている。

ちなみに57得点中、ワンタッチシュートでのゴールもリーグトップの35点(セットプレーを除く)。川崎Fは高さで勝負するチームではないので、シュートに至るまでパスを繋いで相手ディフェンスを崩していることが分かる。

おすすめの記事