「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

鹿島アントラーズの10番を背負ってきた名選手5人

2016 8/13 15:01
茨城県立カシマサッカースタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカーの背番号にはさまざまな意味合いが隠されているが、中でも背番号10番に思い入れがある人も多い。
今回は、鹿島アントラーズで背番号10番を背負ってきた選手たちを紹介する。

鹿島アントラーズの土台となった偉大な背番号10 ジーコ

まだ鹿島アントラーズが住友重工だった時代。Jリーグ開幕前にまだ3部リーグに所属していたチームに、ブラジルの黄金のカルテットと呼ばれた一人であるジーコがやってきた。
ジーコは鹿島、そして日本にサッカーというものは何かを伝え、サッカーチームとはどうあるべきか、サッカー選手とはどうあるべきかなど、基礎からサッカーを伝えてくれた。 鹿島アントラーズは、今でもジーコスピリッツとしてチームの土台として考え、その教えに沿ってチームを創っている。

初期のJリーグを代表する選手であった10番  ビスマルク

Jリーグが開幕し、世間の注目の中心にいたのはヴェルディ川崎だった。
その活躍の中心選手の一人であったビスマルクが鹿島アントラーズに移籍し、背番号10を付けプレーしていた。
ブラジル代表として活躍し、ブラジルの英雄でもあるジーコに憧れていたビスマルクは、ジーコの後を継いで10を背負った。 5年にわたり鹿島アントラーズの背番号10を務め、強き鹿島の象徴の一人として活躍した。
ヴェルディ川崎、鹿島アントラーズと当時の2大強豪クラブでプレーしたビスマルクは、Jリーグ初期の重要人物だ。

ブラジルの至宝 レオナルド

ブラジル代表のスーパープレーヤーのレオナルドが鹿島加入となったのは、憧れのジーコの背中があったからだ。 素晴らしいプレーヤーであり、テクニックだけでなく人間性も素晴らしく、「貴公子」のイメージが強かった選手だ。
本来はトップ下を得意としていたが、チームへの貢献度が高く、どのポジションでも高いレベルでこなせることが日本サッカー界に衝撃を与えた。
鹿島アントラーズのレベルの向上にも大きな貢献をした選手だ。

おすすめの記事