「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

川崎フロンターレの10番を背負ってきた名選手4人

2016 8/13 15:01
川崎フロンターレ,サポーター
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームタウン活動が活発で地元民に愛されている川崎フロンターレ。
これまでのクラブの歴史も交えながら、背番号10番を背負ってきた選手たちを紹介する。

王者からやってきた期待の外国人 マジーニョ・オリベイラ

鹿島アントラーズで活躍したブラジル人マジーニョ・オリベイラ選手は、川崎フロンターレが昇格した年に背番号10を背負っていた。
川崎といえばヴェルディというほど、まだヴェルディ川崎のイメージが強かった時代の川崎フロンターレだが、念願のJ1昇格を果たし期待がかかっていた。
結果的に、鹿島アントラーズでしていたようなプレーと比較すると充分ではない活躍だったが、それでもJ1に昇格した時の10番として、やはり印象に残っている選手だ。

川崎フロンターレの背番号10といえばジュニーニョ

川崎フロンターレの背番号10番といえばこの人!というほどに今でも語り継がれる10番はジュニーニョ選手だ。 J2に降格してしまった川崎フロンターレの時代から、タイトルこそ獲れなかったもののJ1の上位チームとして強さを誇るようになった時代まで、チームのエースとして戦い抜いた。 背番号10番を背負っていたのはなんと9シーズン。ジュニーニョ選手が川崎フロンターレを去る時には、多くの川崎サポーターが集まり、お別れ会をして涙、涙の別れとなった。

ジュニーニョから引き継ぎエースとなったレナト

ジュニーニョ選手がチームを去ることになったことで、川崎フロンターレの一時代に一区切りがついた形となった。 その後の背番号10番に注目が集まったが、新戦力として川崎フロンターレに加入したレナト選手が背負うことが発表された。 序盤はなかなか日本のサッカーに慣れることができなかったが、一定期間が過ぎるとゴールを量産し、チームのエースとして10番レナト選手は愛される選手となった。 中国リーグのチームへと移籍してしまったが、記憶に残る10番だった。

!--move-->

リオ五輪を目指す若き10番 大島僚太

2011年に高校サッカー強豪校である静岡学園を卒業し、入団した大島僚太選手。 ポジションはボランチで、中村憲剛選手の背中を観て育った選手だ。 タイプは違うが、日本を代表するボランチである中村憲剛選手の背中を観て育ったところから、中村憲剛選手の相棒となるポジションを任されるまでになり、2016シーズンからは背番号10を背負うことになった。 まだ若き選手であり、リオ五輪世代である大島選手は、これからの川崎フロンターレを背負っていく選手といって良いだろう。

まとめ

川崎フロンターレは、2016シーズンからは問題となっていた守備の改善に着手し、上位で戦うチームとなっている。超がつくほどの攻撃的なチームであり、選手とサポーターの距離感が近く、とてもあたたかいチームだ。 背番号10はジュニーニョ選手の印象が強いだが、大島選手がこれから自らの色を出してチームの顔になっていくのではないだろうか。

おすすめの記事