「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

川崎フロンターレの10番を背負ってきた名選手4人

2016 8/13 15:01
川崎フロンターレ,サポーター
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームタウン活動が活発で地元民に愛されている川崎フロンターレ。
これまでのクラブの歴史も交えながら、背番号10番を背負ってきた選手たちを紹介する。

王者からやってきた期待の外国人 マジーニョ・オリベイラ

鹿島アントラーズで活躍したブラジル人マジーニョ・オリベイラ選手は、川崎フロンターレが昇格した年に背番号10を背負っていた。
川崎といえばヴェルディというほど、まだヴェルディ川崎のイメージが強かった時代の川崎フロンターレだが、念願のJ1昇格を果たし期待がかかっていた。
結果的に、鹿島アントラーズでしていたようなプレーと比較すると充分ではない活躍だったが、それでもJ1に昇格した時の10番として、やはり印象に残っている選手だ。

川崎フロンターレの背番号10といえばジュニーニョ

川崎フロンターレの背番号10番といえばこの人!というほどに今でも語り継がれる10番はジュニーニョ選手だ。 J2に降格してしまった川崎フロンターレの時代から、タイトルこそ獲れなかったもののJ1の上位チームとして強さを誇るようになった時代まで、チームのエースとして戦い抜いた。 背番号10番を背負っていたのはなんと9シーズン。ジュニーニョ選手が川崎フロンターレを去る時には、多くの川崎サポーターが集まり、お別れ会をして涙、涙の別れとなった。

おすすめの記事