「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柏レイソルの10番を背負ってきた名選手5人

2016 8/13 15:01
柏レイソル
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では若手選手の育成に力を入れていることでも注目を集めている柏レイソル。
ここではチームの歴史とともに柏レイソルの10番を背負ってきた名選手を5人紹介する。

イケメンで女性ファンも多い大津祐樹選手

2017年のシーズンで柏レイソルの10番を背負っているのは元日本代表の大津祐樹選手。柏レイソルに入団した当初こそ27番だったが、2012年にオランダリーグのVVVフェンローに移籍後、2年目のシーズンから10番を背負うことになった。2015年のシーズンで柏レイソルに復帰してからも、引き続き10番を任されている。サッカーのテクニックはもちろん、モデル顔負けのイケメンゆえに、女性ファンを中心に絶大な人気を誇る。

4年もの間10番を着続けたエースストライカー

現在は名古屋グランパスエイトで活躍するレアンドロ・ドミンゲス選手も柏レイソルで10番を背負っていた選手の一人だ。レアンドロ選手はブラジル出身で、かつてはブラジルのサッカーリーグ「セリエA」でも活躍した経歴を誇る。柏レイソルに移籍したのは2011年。2年目となる2012年から2014年までの実に4シーズンもの間10番を背負って活躍した。なお、2016年からは古巣のセリエAへの移籍、2017年6月末より横浜FCに移籍加入が決定した。

ブラジル代表としても活躍したカレカ

柏レイソルの10番を背負った選手を語る上で欠かせないのが、カレカことアントニオ・デ・オリベイラ・フィーヨではないだろうか。ブラジルの名門サンパウロFCやサントスFCで活躍したこともある、世界的な名選手だ。また、イタリアのナポリ在籍時は、サッカー好きならずとも知っているディエゴ・マラドーナと共にプレーした経験もある。なお、ニックネームのカレカというのは、“はげ頭”という意味を持つそうだ。特にはげていないカレカだが、“カレッキーニャ”というコメディアンが好きだったことから、カレカと呼ばれていたそうだ。

Jリーグ最優秀選手賞を受賞した経歴を誇るフランサ選手

ブラジルやドイツのプロリーグで活躍したこともあるフランサ選手も柏レイソルで10番を背負った名選手。柏レイソルに移籍を果たした2005年シーズンこそ不調に見舞われたが、2007年シーズンではチームこそリーグ戦8位ながら、Jリーグ最優秀選手賞を受賞するなど、柏レイソルを牽引した選手の一人だ。2011年のシーズンを最後にサッカーからは身を引き、現在はIT関連企業である「Footbank株式会社」の代表取締役を務めている。

弱冠21歳で10番を背負ったミスター柏レイソル

これまで外国人選手ばかり紹介したが、大津選手以外にも日本人で柏レイソルの10番を背負った選手がいる。それは大野敏隆選手。入団から3年目、弱冠21歳にして10番を背負い、類まれなるサッカーセンスとそのテクニックから、柏レイソルの中心選手として活躍した。2003年のシーズンに京都パープルサンガ、2004年のシーズンに名古屋グランパスエイトに期限付き移籍をするも、柏レイソルがJ2降格の危機に直面したタイミングで呼び戻された。そして、J1とJ2の入れ替え戦でゴールを決めるなど降格を阻止する活躍を見せた。

まとめ

カレカやレアンドロを始め、世界的にも有名な選手が柏レイソルで10番を背負って活躍してきた。2017年は日本人選手が柏レイソルの10番を背負っている。今後の大津選手の活躍にも期待したいところだ。

関連記事

おすすめの記事