「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

優勝候補No.1!なでしこリーグの王者、日テレ・ベレーザ

2017 3/29 18:30Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://news.livedoor.com/

主要のアジア、国内タイトル獲得数はなでしこリーグ最多。 また、L・リーグ、なでしこリーグと名称が変わっても、1997年以来20年間で半分となる10度の優勝だけでなく、優勝を逃した残り10回も2位という圧倒的な成績を残す日テレ・ベレーザ。 そんな圧倒的王者の2017年を展望する。

チームが誕生したのは1981年

現在の日テレ・ベレーザの前身となった「読売サッカークラブ女子・ベレーザ」が誕生したのは1981年。東京ヴェルディの前身である読売サッカークラブの女子チームとして創設。読売クラブは、Jリーグ開幕前から、その他のチームのように社員の福利厚生や宣伝を目的とした企業チームではなく、さまざまな職種の選手が集まるクラブチームだったため、それと同じ形態のチームだった。
皇后杯全日本女子サッカー選手権大会には1983年の第5回大会から参加。1989年に日本女子サッカーリーグが発足すると、その創設6クラブの1つとして参加。この6チームで現在も存続しているのは日テレ・ベレーザの他に伊賀フットボールクラブくノ一の2チームのみだ。

初優勝は1990年、そして澤穂希選手の加入

チームが初のリーグ優勝を達成したのは2年目のシーズンとなる1990年。当時のチームには現なでしこジャパン監督の高倉麻子さんや、解説者としておなじみの大竹七未さんが所属しており、その年からリーグ戦4連覇を達成。
また、1991年には中学1年生の澤穂希さんが、通常なら下部組織であるメニーナに加入するところ、当時の監督の判断でいきなりトップチームに引き上げられることになり、中学1年生にしてトップリーグに出場するだけでなく、3試合目にして初ゴールを決めるというとんでもない記録を残すことになる。
澤穂希さんは、複数チームにわたるアメリカでのプレーを挟み、15シーズンもの間このチームでプレーすることになる。

おすすめの記事