「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

なでしこリーグ開幕!ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

2017 3/29 18:30Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://chibatopi.jp/

リーグ戦では厳しい結果となったものの、リーグカップでは若手選手の成長もあり決勝進出を果たしたジェフユナイテッド市原・千葉レディース。 3月26日から始まる今季は、さらなる若手選手の成長に期待が集まるシーズンだ。 そんなジェフユナイテッド市原・千葉レディースを紹介する。

ホームタウン運動の一貫として生まれたチーム

ジェフユナイテッド市原・千葉レディースが創設されたのは1992年。Jリーグジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド市原・千葉)のホームタウン運動の一貫として結成され、創設当時は千葉県内や関東の大会に出場するチームだった。
そのチームが1995年、関東第一代表として皇后杯全日本女子サッカー選手権大会に初出場を果たすと、同年に関東女子サッカーリーグで初優勝。そして1997年?1999年に関東女子サッカーリーグ3連覇を果たし、当時のL・リーグに加盟。2004年に2部制となると2部に配属。当時は女子サッカーの第一人者である元日本代表の鈴木政江さんが選手兼監督を務めており、その鈴木さんが選手を引退をするとGK登録の選手が0となるという厳しいチーム状態だった。

2009年からは1部に定着

しかし、2005年にJリーグのジェフユナイテッド市原・千葉でプレーした上村崇士氏が専任監督として就任すると、セレクションを実施するなど本格的な取り組みを行い、2007年には2部で2位となり入れ替え戦に出場。惜しくもPK戦の末に敗れてしまうが、翌2008年にはリーグ戦無敗となる13勝3分で優勝、悲願の1部昇格を達成する。
2010年、2011年にはなでしこジャパンのストライカー丸山桂里奈選手、2013年には川村優理選手が活躍し、川村選手と共に新潟から加入した菅澤優衣香選手が2014年、2015年と2年連続得点王となるなど、チームは1部リーグに定着する。

おすすめの記事