「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

空手を学ぼう!【組み手】とはどんなもの?

2016 11/10 10:16
空手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Vitalii Smulskyi/ Shutterstock.com

日本発祥の武道である『空手』ですが、正しいルールを知っていますか?2020年に開催される東京オリンピックにも選ばれた空手。ルールを今のうちに勉強しておけば、よりいっそう楽しめるはず。今回は『組み手』に注目して見ていきましょう!

【基礎】空手の組み手とはなんのこと?

空手における組み手とは、二人一組で行う練習形式のことです。競技が広まったことで団体で鍛錬が行われるようになったことをきっかけに組み手は生まれました。
基本的に打撃は寸止めで行われます。 組み手にも種類があり、代表的なものは三つ。決まった技を手順通りに掛け合う『約束組手』。決まりは無く技を自由に掛け合う『自由組手』。勝敗をつける『組手試合』。 これらを通して空手に必要な間合いや洞察力を学び、実践に生かしていくのです。

【約束組手】とはどんなもの?

『約束組手』とは、決まった順番で組み手を行う練習方法のひとつ。中には「これって意味があるの?」と思う選手もいるかもしれません。しかし、約束組手は手順が決まっているからこそ練習において重要な意味をもつのです。
まず約束組手を行うことで、型の正しい姿勢や動きを何度も確認することができます。また、技に対する正しい防御方法を繰り返すことにより、怪我の防止にも繋がります。基礎がしっかりできているからこそ、実践でも自然に動けるようになるものですね。

おすすめの記事