「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリンピックでの馬術の種目とは?日本人の活躍度は?

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Catwalk Photos / Shutterstock.com

オリンピックでも行われている馬術競技ですが、種目はどんなものがあるのでしょうか? また、日本人の活躍度はどのようなものなのでしょうか? ここでは、オリンピックの馬術競技についてご紹介します。

オリンピックでの種目の変遷

オリンピックで初めて馬術が行われたのは、1900年の第2回パリオリンピックでした。しかし、その後の大会は2回連続で馬術は行われず、1912年のストックホルムオリンピックで復活しました。パリオリンピックで行われたのは「乗馬走り幅跳び」と「乗馬走高跳び」でしたが、落馬が相次ぎ、人馬ともに危険という判断で実施されなくなってしまったのです。
ストックホルムオリンピックから行われているのが「障害飛越」「馬場馬術」「総合馬術」で、現在に至っています。

「障害飛越」競技の基本ルール

では、種目別に内容を見ていきましょう。
「障害飛越」競技は、十数個のハードルのような障害物を決められた順番に決められた方向から飛越していき、規定のタイム内に走破する競技です。細かいルールはいろいろありますが、バーを落下させたり、馬が障害の前で止まったり、規定のタイムをオーバーして走破した場合は減点されていきます。
つまり、いかに障害のバーを落下させずに、規定のタイムより早く走破できるかが勝敗の分け目と言えます。

おすすめの記事