「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

美しく、華やかな新体操の歴代名選手5人!

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pukhov Konstantin/Shutterstock.com

オリンピックでの華やかな新体操の演技に見惚れてしまう人も多いだろう。歴代の新体操、名選手とこれから注目されるであろう選手を紹介したい。

アレクサンドラ・ティモシェンコ

妖艶な演技派のアレクサンドラ・ティモシェンコは、業師であったオクサナ・スカルディーナと人気を2分しながら、80年代末から90年代前半の新体操界を盛り上げた。
89年に、それまでの女王だったブルガリアのビアンカ・パノバを抑えて、世界選手権で個人総合1位になり、新女王に。92年のバルセロナオリンピックでは個人総合で金メダルを獲っている。個性が尊重された時代でもあり、当時の採点方式では10点満点を何度も出している。彼女の母国ウクライナでは、オリンピックの金メダルを記念して切手の絵柄になっている。

アリーナ・カバエワ

アリーナ・カバエワは、2000年代前半に圧倒的な力を見せた選手だ。1999年大阪で行なわれた世界選手権で個人総合優勝を果たし、2000年のシドニーオリンピックの大本命となった。しかしシドニーでは決勝でフープを場外に出す致命的なミスを犯してしまい、銅メダルに終わる。その後、2001年のスペイン・マドリードの大会で合計5つの金メダルを獲得するも、ドーピング違反でメダルはく奪。1年間の出場停止になってしまう。
しかし、2003年ハンガリー・ブダペストの世界選手権では、個人総合を含めた4つの金を獲得。2004年のアテネオリンピックで念願の個人総合金メダルを獲得している。メディアにも多数出演するお茶の間の人気者でもあった。

おすすめの記事