「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリンピックを盛り上げてくれる、体操競技が強い国とは

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Petr Toman / Shutterstock, Inc.

リオオリンピックの体操競技では、アクロバティックで力強い演技に手に汗握った方も多いのではないでしょうか。 体操競技の試合形式は個人戦と団体戦があり、オリンピックや世界選手権などの団体戦は国別の対抗戦となります。 ここでは体操競技が強い国について、その国の有力選手と共に紹介します。

日本に追い付け追い越せで台頭・男子中国

男子中国は、2016年リオオリンピックでの団体総合成績は銅メダルでしたが、2008年北京、2012年ロンドンでは金メダルに輝いています。中国が体操の国際舞台で頭角を現したのは、1981年モスクワで行われた第21回世界選手権の3位入賞からでした。そして3年後に行われた1984年ロサンゼルスオリンピックでは、日本を抜いて銀メダルを獲得します。その後銀メダルが続きますが、2000年シドニーオリンピックではウクライナ、ロシアを抑えて堂々の金メダルに輝きました。
それまでの体操競技では日本が圧倒的に強く、1960年ローマから1976年モントリオールまでオリンピック5連覇を果たしています。日本への対抗心が中国をここまで強くさせたのではないでしょうか。

長きにわたる日本のライバル・男子ロシア

2016年リオオリンピックで久しぶりに銀メダルを獲得したのが男子ロシアです。2000年シドニーの銅メダルを最後にメダルが取れず、日本、中国に水をあけられた形でしたが、やっと昔の強さを取り戻してきたように思えます。
特にソビエト連邦時代は日本の好敵手として、長年覇を競ってきました。個人でも名選手が多く、1956年メルボルン、1960年ローマで日本のエース、小野喬の個人優勝を阻んだのは、ソビエトのビクトル・チュカリンとボリス・シャハリンです。特にボリス・シャハリンはメルボルン、ローマ、東京とオリンピック連続出場で金メダル7個を獲得しました。

おすすめの記事