「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

まさに戦国時代!世界ランキング1位に復帰なるかジョーダン・スピース

2017 8/25 10:07hiiragi
Jordan Spieth
このエントリーをはてなブックマークに追加

10か月ぶりとなる世界ランキング3位への復帰

2017年PGAツアー全米オープンの翌週、6月25日に行われたトラベラーズ選手権で優勝したのはジョーダン・スピース選手だった。スピース選手はこの大会で自身10回目の優勝を飾るとともに、世界ランキングでも2016年8月28日以来約10か月ぶりとなるベスト3への復帰を果たした。これで2016年3月27日に失った世界ランキング1位の座をうかがえる位置まで戻ってきた。

スピース選手は1993年生まれ、アメリカはテキサス州ダラス出身のプロゴルファーだ。若い頃より頭角を現し、2009年、2011年の全米ジュニアに優勝、タイガー・ウッズ選手に次ぐ複数回優勝を達成した。2012年には全米オープンで21位タイに入りローアマチュアを獲得する。21位タイは当時復帰途上のタイガー・ウッズ選手と同じ順位だった。その後プロに転向、2013年からはプロとして、PGAツアーに本格参戦することになる。

82年ぶりの快挙、PGAツアーに10代で優勝

2013年、プロ初年度は、決して順風満帆だったわけではない。1月に行われた初戦のファーマーズ・インシュランスオープンでは予選落ちに終わっている。3月のプエルトリコオープンでは首位と1打差の2位タイと結果を出したが、4月のバレロテキサスオープン、チューリッヒクラシックでは予選落ちと極端なゴルフが続いた。そして6月の全米オープンでも予選落ちを喫し、7月にジョンディアクラシックを迎えている。

この試合は例年全英オープンの前週に行われ、主だった選手は出場を見合わせる。その分、若手選手にはチャンスの多い大会だ。初日は-1の64位タイと出遅れてしまう。しかし2日目-6で回り19位タイまで順位を上げると、3日目も-6、トータル-13である。首位と6打差の9位タイで最終日を迎えた。

最終日はツキも味方する。上位の選手がスコアを伸ばせない中、最終18番ホールを40ヤード以上あるバンカーからのチップインでバーディを奪い、この日も-6で回ると、デビッド・ハーン選手、ザック・ジョンソン選手とのプレーオフへともつれ込んだ。そして5ホール目にパーをセーブして優勝を決める。PGAツアーでは82年ぶりとなる10代選手(19歳)の優勝だった。

おすすめの記事